MotoGP ニュース

投稿日: 2016.07.31 12:28
更新日: 2016.07.31 12:34

鈴鹿8耐:表彰台候補のTSRが序盤でまさかの転倒


MotoGP | 鈴鹿8耐:表彰台候補のTSRが序盤でまさかの転倒

 鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝レースがスタートし、7周を周回したところで表彰台候補に上がっていたF.C.C.TSR Hondaが2輪シケインで転倒を喫した。

 スタートライダーを務めていたのはドミニク・エガーター。エガーターはひとつめの2輪シケインでフロントのグリップを失いスリップダウン。マシンのマフラーが大きく損傷するダメージを負ったが、再スタートをきり自走でピットへと戻った。

 その後、チームは20分でマシンを修復し35分後に、コースへと復帰。現在60番手を走行している。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング