MotoGP ニュース

投稿日: 2016.08.22 17:18

YAMAHA MotoGP第11戦チェコGP レースレポート


MotoGP | YAMAHA MotoGP第11戦チェコGP レースレポート

■大会名称:第11戦チェコGP
■開催日:2016年8月21日(日)決勝結果
■開催地:チェコ共和国/ブルノ(5.403km)
■周回数:22周(118.866 km)
■観客数:82,066人
■コースコンディション:ウエット
■気温:17度
■路面温度:19度
■PP:M・マルケス(1分54秒596/Honda)
■FL:C・クラッチロー(2分08秒216/Honda)

バレンティーノ・ロッシ
バレンティーノ・ロッシ

ロッシが2位、表彰台獲得!

 Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシが、見事な走りと完璧なタイヤ・チョイスが功を奏して2位表彰台を獲得した。チームメイトのJ・ロレンソは、フロントタイヤの不具合のため途中でマシンを交換。17位でゴールした。

 ウエット・コンディションで始まった決勝は、タイヤ・チョイスが重要な鍵を握る一戦となった。ロッシはグリッド2列目から慎重なスタートを切り、タイヤが暖まるのを待ってアタックを開始した。C・クラッチロー(ホンダ)に先行を許したあと、D・ペドロサ(ホンダ)、B・スミス、P・エスパルガロについて行って一気にパスする。

 10周目には、A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)がマシン・トラブルで遅れたため、9番手まで順位を上げて、さらにクラッチローのテールにつきながらD・ペトルッチ(ドゥカティ)とM・ビニャーレス(スズキ)を抜き去る。 A・エスパルガロ(スズキ)が戦列を離れたことで、次のターゲット、M・マルケス(ホンダ)の背中が見えて来る。この時点で残りは7ラップ。

 自己ベストタイムを記録しながら好走を続けるロッシは、1ラップ後にH・バルベラ(ドゥカティ)をとらえ、さらにA・イアンノーネ(ドゥカティ)をパスし18周目には2番手へと浮上。その後もペースを緩めることなく後続を引き離していったが、すでにトップとの差が大きく開いていたため2位獲得へと作戦を切り替えてゴールし、貴重な20ポイントを獲得した。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング