MotoGP ニュース

投稿日: 2019.10.15 18:07
更新日: 2019.10.16 13:16

楕円ピストン2万回転の独創的エンジン。ホンダが2輪世界グランプリに再挑戦した4ストロークマシン『NR500』


MotoGP | 楕円ピストン2万回転の独創的エンジン。ホンダが2輪世界グランプリに再挑戦した4ストロークマシン『NR500』

 1966年に2輪世界グランプリで史上初の5クラス完全制覇を果たし、1967年に世界グランプリから撤退したホンダは、10年の時を経て1977年に『世界グランプリ復帰宣言』を行う。

 そして宣言から約1年半後の1979年8月、シーズンも終盤となったイギリスGPに現れたのは、楕円(長円)ピストンを持つ4ストロークエンジンのNR500。

 2ストエンジン全盛の世界グランプリ最高峰500ccクラスに、4ストマシンで再挑戦するということは、ホンダの信念と熱い想いを賭けた戦いでもあった。

 毎号1台の2輪レーシングマシンにフォーカスして掘り下げる『レーサーズ』の最新号Vol.54はホンダNR500を取り上げる。

 ここでは、そのNRのなかでも一番革新的な技術(長円ピストン、エビ殻フレーム、同軸ピボット、倒立フォーク、16インチタイヤ、サイドラジエターetc.)を盛り込んだ初期モデルのNR1を、改めて撮り下ろした写真とともに解説しよう。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
あやきいく

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング