MotoGP ニュース

投稿日: 2020.02.03 14:49
更新日: 2020.02.03 21:09

安定を重視したヤマハの戦略に一抹の寂しさ。2020年はロッシの動向にも注目/ノブ青木の知って得するMotoGP


MotoGP | 安定を重視したヤマハの戦略に一抹の寂しさ。2020年はロッシの動向にも注目/ノブ青木の知って得するMotoGP

 スズキで開発ライダーを務め、日本最大の二輪レースイベント、鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦する青木宣篤が、世界最高峰のロードレースであるMotoGPをわかりやすくお届け。第27回はヤマハ・ファクトリーチームの体制発表、そして2021年以降の動向が注目されるバレンティーノ・ロッシについて語る。

ーーーーーーーーーー

 ヤマハ・ファクトリーチームがいち早く2022年までのライダーラインアップを発表した。マーベリック・ビニャーレスは2020~22年、ファビオ・クアルタラロが21~22年ということだが……、早い! 早すぎる!!

 才能あるライダーをガッチリ押さえるという意味では、なりふり構わぬヤマハの戦略も分かる。ライダーとしても安心してレースに取り組めるというメリットがあるだろう。『ファクトリーチームで走る』ということは、ライダーにとって目標のひとつだからだ。が、もちろん双方ともにリスクがある。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング