MotoGP ニュース

投稿日: 2020.03.04 16:30
更新日: 2020.03.04 17:36

決勝での「強さが足りない」。最高速不足を補うヤマハYZR-M1の武器/MotoGPマシン開発の裏側


MotoGP | 決勝での「強さが足りない」。最高速不足を補うヤマハYZR-M1の武器/MotoGPマシン開発の裏側

 2020年1月末、ヤマハは矢継ぎ早に新しい体制について発表した。28日、マーベリック・ビニャーレスとの間で2022年までの契約を交わしたこと。29日、2021~2022年のヤマハ・ファクトリー・レーシングMotoGPチームにファビオ・クアルタラロを登用すること。同日、バレンティーノ・ロッシの2021年シーズン以降のレース活動計画は2020年シーズン半ばに決断すること。そして30日、2020年のテストライダーとしてホルヘ・ロレンソを起用すること──。

 連日の華々しい発表は、ヤマハに耳目を集めるという点で確かに功を奏した。そして2020年シーズンの幕を開けるマレーシア公式テストでは、3日間連続してファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がトップタイムをマーク。カタール公式テストもヤマハが1-2-3で終えている。「ヤマハの時代」が始まろうとしているかのようにさえ見える状況だ。

 だが、2019年のヤマハは決して良いシーズンを送ったわけではなかった。ビニャーレスが2勝を挙げてランキング3位につけたものの、2017年シーズンから3年連続となる「ヤマハ最上位はランキング3位」。タイトル獲得を狙うファクトリーチームとしては、ホンダはもちろんのこと、ドゥカティにも届かない苦戦が長く続いているのだ。


本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
霧島聖子(きりしませいこ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング