クルマ ニュース

投稿日: 2016.04.27 15:12

キャデラックのフラグシップモデル、新型CT6を発表


クルマ | キャデラックのフラグシップモデル、新型CT6を発表

アメリカン・ラグジュアリー・ブランド キャデラックのフラグシップモデル

新型「キャデラックCT6」を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(略称:GMジャパン、所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井 澄人)は、本日、フルサイズ・プレステージセダン新型「キャデラックCT6」を発表し、2016年9月から全国のキャデラック正規ディーラーネットワークで販売を開始します。(http://www.cadillacjapan.com/tools/locate_dealer.html )メーカー希望小売価格は9,980,000円(8%消費税込み)です。

この度キャデラックは、新型「キャデラックCT6」をフラグシップモデルと位置づけ、フルサイズ・プレステージセダンの新しい形を創り出しました。最先端技術が惜しみなく投入された新型「キャデラックCT6」は、従来の大型ラグジュアリーモデルには見られなかったダイナミックな運動性能・効率、そして俊敏性・軽快感といったドライバーズカーとして必要不可欠な要素を全て身につけています。最も先進的な技術を、常にいち早く採用しドライバーをサポートすることは、キャデラックが1902年(明治35年)に誕生して以来、一世紀以上にわたる変わらぬ伝統です。

フルサイズ・プレステージセダン新型「キャデラックCT6」のダイナミック性能は、キャデラックが大切にしてきた3本の柱が一体となって実現したものです。そして、その存在感、優雅さ、技術的革新をより高いレベルに引き上げることが、世界でのキャデラック・ブランドの価値を高めることになります。

グローバル・キャデラックのチーフ・マーケティング・オフィサーであるウヴァ・エリングハウスは、「ラグジュアリーブランドは、トップレンジから創造していきます。ダイナミックなフラッグシップモデルは、キャデラックの成長とブランド価値向上のために欠かせないものだったのです」と述べています。

新型「キャデラックCT6」の登場は、グローバル・プレステージ・ラグジュアリーセグメントに、キャデラックが再び戻ってきたことを意味し、新型「キャデラックCT6」は、2020年までにキャデラックが投入する8車種のニューモデルの先駆けとなる一台であり、120億円ドルを投資した商品開発の最初の成果でもあります。

キャデラックのプレジデントであるヨハン・ダ・ネイシンは、「新型『キャデラックCT6』は、プレミアム・ラグジュアリーに対するまったく新しいアプローチであり、これはキャデラックにしかできないアプローチなのです。このアプローチとは、フルサイズ・プレステージセダンを運転する情熱を再び燃え上がらせようとする大胆な挑戦であり、キャデラックがプレステージ・ラグジュアリーモデルを再び定義することへの挑戦でもあります」と述べています。

新型「キャデラックCT6」は、ドライバーにこれまでにないレベルの緊密な一体感をもたらすフルサイズ・プレステージセダンです。周辺環境を検知する技術やアクティブ技術を含むシャシーシステムは、あらゆる状況下でのコントロールを容易にし、3.6リッターV6エンジン8ATのパワートレインは、常に惜しみないパワーを生み出します。

パッセンジャーは、アメリカン・ラグジュアリーの最高峰であるキャデラックが到達した最高の快適性、高級感、そして、コネクティビティの利便性を備えた上質な空間を体感できます。

また、新型「キャデラックCT6」の特徴として、最先端のボディ構造の採用があげられます。アルミニウム合金に加え、13種類の異なる素材を組み込んだアルミ合金アーキテクチャは、強度とパフォーマンス、効率といった点において、世界の名立たるラグジュアリーセダンを凌ぐレベルを実現し、業界で最も先進的な車体構造を実現しました。

クラス最軽量を実現した「キャデラックCT6」は、世界で最も軽く、俊敏なフルサイズ・プレステージセダンです。ディメンションと室内スペースは他のフルサイズセダンに匹敵する一方、重量や俊敏さ、効率においては、1クラス下に匹敵します。

ダ・ネイシンはさらに、「私たちは、プレステージ・ラグジュアリーセダンの開発をするための独自の方法を追求するうちに、ボディ構造に対するアプローチを再発見しました。これまでも高い評価を得ている、キャデラックVシリーズなどの後輪駆動セダンが持つダイナミクスと、この新しいアプローチを融合させた結果、このセグメントで失われていたものを見つけることが出来ました。それは、真のドライバーズカーとしての心躍るようなパフォーマンスです」と述べています。

またキャデラックは、2014年に本社をニューヨークに移し、これまでの110年間、時代を創造してきたアメリカン・ラグジュアリー・ブランドとしての伝統に加え、新たに、ニューヨークならではの土壌に息づく、常に挑戦し続けるスピリットをブランドや商品で表現しています。新型「キャデラックCT6」のロンチに先駆け、「Dare Greatly – その挑戦が、世界を変える」という新たなコンセプトを掲げ、他に真似のできないブランドを創造すべく、これからも“大胆な挑戦”を続けていきます。


関連のニュース

本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング