クルマ ニュース

投稿日: 2017.06.28 13:53
更新日: 2017.06.28 20:06

マツダ、『CX-3』を一部改良。ガソリンエンジン車の追加、先進安全技術を標準装備


クルマ | マツダ、『CX-3』を一部改良。ガソリンエンジン車の追加、先進安全技術を標準装備

2017年6月28日
プレスリリース

「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加

ガソリン車はWLTCモードの認可を取得、全車が「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」*1に該当

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、コンパクトクロスオーバーSUV『マツダ CX-3』にガソリンエンジン車を追加するなど一部改良して、全国のマツダ販売店を通じて発売する*2ことを、本日発表しました。

 今回の改良において、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車を新たに設定。新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」車に加え、お客さまに新たな選択肢を提供します。
 
 ガソリンエンジン車は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」*3の認可を先行して取得。実際の使用実態を踏まえた燃費性能の向上に、今後も取り組んでいきます。

CX-3「XD L Package」ソウルレッドクリスタルメタリック(左)、CX-3「20S L Package」マシングレープレミアムメタリック(右)
CX-3「XD L Package」ソウルレッドクリスタルメタリック(左)、CX-3「20S L Package」マシングレープレミアムメタリック(右)

 また、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*4を全車に標準装備することにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」*1に全車が該当。
 
 マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」*5にもとづいて安心・安全なクルマをお届けすることに、今後も努めていきます。

 さらに、新型「CX-5」で初導入したボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定。高い評価を頂いている魂動デザインの、さらなる質感の向上を図っています。

 マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。
 
 このために、人とクルマの関係性の「あるべき姿」を追い求め、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず、各モデルの熟成、進化を行ってまいります。


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング