クルマ ニュース

投稿日: 2017.07.20 16:53
更新日: 2017.07.20 16:55

マイルドじゃない! スズキ渾身のフルHV『スイフト HYBRID』を追加設定


クルマ | マイルドじゃない! スズキ渾身のフルHV『スイフト HYBRID』を追加設定

 2017年にフルモデルチェンジを受け、4代目に進化した『スズキ・スイフト』に、コンパクトな駆動用モーターとオートギヤシフトを組み合わせた、スズキ独自のストロングハイブリッドシステムを搭載する『スイフト HYBRID SG』、『スイフト HYBRID SL』が早くも追加設定され、7月12日から発売開始となっている。

 2016年末にトールワゴンの『スズキ・ソリオ』に積まれて初登場となったこのスズキ独自のハイブリッドシステムは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU)と、こちらも軽量コンパクトで伝達効率に優れた5速オートギヤシフト(AGS)を組み合わせることで、走行中に蓄えた電力をMGUに供給。

ISGを用いたマイルドの発展進化版として、機構それぞれがお互いを補い合う、独自のシステムとなっている

 モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジンを自動停止してEV走行を可能とするなど、ライバルのトヨタ・アクアやホンダ・フィットに並ぶ、フルハイブリッドとなっている。

 そんなBセグメントのハイブリッドとしても最大の特徴であるこのシステム構成は、100V高電圧リチウムイオンバッテリーを荷室床下に格納するなど、ボディサイズ、室内空間はそのまま確保。

AMTとしては、世界でも随一の制御を誇るAGSに、モーターでのアシストをプラス

 さらに、伝達効率に優れたMTをベースとする5速のAGSにMGUを組み合わせることで、ゼロスタートのクラッチ締結時や、ギヤチェンジによる駆動の抜け感など、従来のロボタイズドMTが苦手とする領域を、すべてモーターの駆動力が補いアシストすることで、スイフトらしいハンドリング性能とともに、圧倒的にスポーティなパワートレーンのフィーリングを加えることにも成功した。

素早い加速感とスポーティーなシフトフィールを楽しめるパドルシフトは、HYBRID SLに装備


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング