クルマ ニュース

投稿日: 2017.08.30 13:28
更新日: 2017.08.30 13:40

ポルシェ、第3世代『カイエン』発表。新型エンジン&軽量化によりスポーツ性能向上


クルマ | ポルシェ、第3世代『カイエン』発表。新型エンジン&軽量化によりスポーツ性能向上

2017年8月30日
プレスリリース

新型エンジン、新型シャシー、革新的なコントロールコンセプト、そしてさらなるコネクティビティ

第3世代ポルシェ カイエンがデビュー

 ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)の第3世代カイエンがデビューしました。大きな成功を収めてきたカイエンのニューモデルは、全面的に新開発され、さらにすぐれたポルシェ特有の性能と抜群の実用性を兼ね備えます。
 
 パワフルなターボエンジン、新しい8速ティプトロニックSトランスミッション、新しいシャシーシステム、そして総合的なコネクティビティを備えた革新的なディスプレイとコントロールコンセプトがスポーツ性と快適性を次の段階に進めます。
 
 発売時には、新開発された2種類の6気筒エンジンを選択することができます。先代を29kW(40PS)上回る250kW(340PS)の3リッターターボエンジンを搭載するカイエン。
 
 そしてカイエンSの先代を15kW(20PS)上回る320kW(440PS)の2.9リッターV6ツインターボエンジンは最高速度265km/hに達し、オプションのスポーツクロノパッケージを装着することで、0-100km/h加速は5秒以内となります。

 アイコニックな911スポーツカーをベースにしたカイエンは第3世代となり、外見も強化され、初めて前後サイズの異なるミックスタイヤとリアアクスルステアリングを備えます。
 
 このようなスポーツカー特有の特徴に加え、標準装備されるアクティブ制御の4WDシステム、ポルシェ4Dシャシーコントロール、3チャンバーエアサスペンション、および電子制御ロール安定化システムのポルシェ ダイナミックシャシー コントロールシステム(PDCC)によって、オンロード性能がさらに改善されています。
 
 大幅に拡張された標準装備にもかかわらず、カイエンの重量は先代を約65kg下回り、なおかつオフロード使用に完璧に適合します。

ポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエン

ダイナミックなデザインランゲージ:さらに引き締まったデザインと大型ホイール

 新しく、しかも親しみのある明快なデザインを備えたスポーティで精密なカイエンの外見は、ポルシェ デザインのDNAを受け継ぐスタイルを維持しながら強化されています。
 
 フロントの大型化されたエアインテークは、向上した性能を明確に示します。新しい水平のライトエッジによって、停車中もワイドかつスポーティに見えます。
 
 ホイールベース(2,895mm)を変更することなくエクステリアを63mm伸ばし、車高を先代より9mm下げることによって、全長4,918mm、全幅1,983mm(エクステリアミラーは除く)のボディは、カイエンのエレガントな流線形の印象を強調しています。
 
 ラゲッジコンパートメントの容量は、先代を100リッター上回る770リッターです。サイズが1インチ大きくなったホイールは、ドライビングダイナミクスを高めるために初めて後輪が前輪よりもさらに大型化されました。
 
 再設計されて立体的なライトデザインとそれを結ぶ細長いLEDストリップを備えたテールライト上には特徴的な3DのPorscheロゴが広がります。

 ポルシェは、ヘッドライトに新たな3段階のライティングコンセプトを提供し、全てのカイエンにLEDヘッドライトが標準装備されます。アップグレードオプションとして、コーナリングライトやモーターウェイライトなど、各種ライトモードを追加するポルシェ ダイナミック ライト システム(PDLS)を選択することができます。
 
 トップエンドのシステムはPDLS Plusを組み込んだ新しいマトリックスビーム付きLEDヘッドライトです。84個の個別に作動する発光ダイオードによって完全可変の配光と光強度が可能になり、対向車への眩惑のないハイビームやアダプティブ サイン グレア コントロールなどの新機能を備えます。


本日のレースクイーン

G/motion ANGEL
朝比奈愛弥(あさひなあや)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング