クルマ ニュース

投稿日: 2017.09.01 18:19
更新日: 2017.09.01 18:20

『ニッサン・ノート』、安全装備の新採用など仕様向上。ふたつの新グレードも追加設定


クルマ | 『ニッサン・ノート』、安全装備の新採用など仕様向上。ふたつの新グレードも追加設定

2017年9月1日
プレスリリース

 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は1日、「ノート」を仕様向上し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「ノート」は、昨年11月に新しい電動パワートレイン「e-POWER」を追加し、好調な販売を続けています。100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな加速性能と優れた静粛性や、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに操作できる新感覚の走行モード、「e-POWER Drive」は、多くのお客さまから高い評価を得ています。

ノート ブラックアロー
ノート ブラックアロー

 今回の仕様向上では、高速道路などでの長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する「インテリジェント クルーズコントロール*1」や、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合に車線内に戻す操作を支援する「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)*1」を新たに採用するとともに、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の性能も向上させました。
 
 また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」では、新たにフロントカメラと連動させることで、約25km/hまで作動車速域を広げ、前方の歩行者に対しても作動するよう、e-POWERのグレード*2において性能を向上させました。
 
 さらに、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を一部のグレードを除き標準採用しました。
 
 これら先進安全技術の充実により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している安全運転サポート車(セーフティ・サポートカーS)のワイド*3に対応しています。

 また、今回の基準車の変更に準じ、「ノートNISMO」シリーズ*4も、あわせて仕様向上し、10月17日より発売します。

ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー
ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング