クルマ ニュース

投稿日: 2017.10.23 18:02

軽量・高剛性ブレーキをGLMと日信工業が共同開発。『トミーカイラZZ』に装着しTMSで初披露


クルマ | 軽量・高剛性ブレーキをGLMと日信工業が共同開発。『トミーカイラZZ』に装着しTMSで初披露

2017年10月23日
プレスリリース

高性能なブレーキ部品(6POTキャリパー)を新たに実装した
スポーツEV「トミーカイラZZ」を東京モーターショーで初披露
ZZ仕様の高い制動力で0-100km/h加速3.9秒をコントロール

~ クルマと一体感のある走りを ~

 京都大学発のEV(電気自動車)メーカー「GLM(株)」(京都府)は、ブレーキ製造大手の「日信工業(株)」(長野県)と共同で、車の制動力を向上させるブレーキ系の高性能部品を実装した電気自動車「トミーカイラZZ」を、「東京モーターショー2017」(会場:東京ビッグサイト、期間:10/27~11/5)で、初披露します。展示は日信工業のブース内で行います。
 
 当社スポーツEV「トミーカイラZZ」に新しく実装するのは「6ポットブレーキキャリパー」※で、ブレーキパッド(摩擦材)を制御する部品です。部品は、ブレーキ製造大手の日信工業が、トミーカイラZZに実装できるよう設計、開発しました。

GLMと日信工業が共同開発した6ポットキャリパーブレーキ
GLMと日信工業が共同開発した6ポットキャリパーブレーキ

 
 新開発の対向ピストンタイプのブレーキキャリパーは、安価なボルト等で組み合わせる分割式の構造ではなく、アルミを一体成型した、加工が難しいモノブロック(一体鋳造)構造を採用。
 
 分割式に比べ大幅に剛性を高めるとともに、小型化(W300mm×H82mm×D161mm)と軽量化(3,800g)を実現した、高性能モデルです。また、摩擦材の材質にNAO(ノンアスベストオーガニック)材を使い、環境にも配慮しています。


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング