クルマ ニュース

投稿日: 2017.11.28 12:40
更新日: 2017.11.28 12:44

2018年型『ジャガーXE』に、世界限定300台の『XE SV PROJECT 8』も登場


クルマ | 2018年型『ジャガーXE』に、世界限定300台の『XE SV PROJECT 8』も登場

 ジャガーが激戦区のDセグメント・サルーン市場に送り込む自信作『XE』が2018年モデルに更新され、新たに完全自社設計のINGENIUM(インジニウム)ガソリンを投入。またINGENIUMディーゼルにはAWDモデルも導入され、同時に約322km/hの最高速を誇る超高性能モデル『XE SV PROJECT 8』も、同日11月17日から正式に受注が開始されている。

 アルミニウムを75%使用した軽量モノコックボディ構造や、50:50の前後重量配分など、このセグメントにひしめくFRのライバルたちに勝るとも劣らないダイナミクス性能と先進性を身につけて登場した『ジャガーXE』。

 その2018年モデルには、設計から生産まで自社で手がけ、高効率のパフォーマンスを生み出す3種類(最高出力200PS、250PS、300PS)の2リッター直列4気筒INGENIUMガソリンを新たに搭載した。

 最高出力を380PSまで高めた3リッターV型6気筒スーパーチャージド・ガソリン搭載のハイパフォーマンスモデル“XE S”をはじめ、デビュー当初の従来から設定のある2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルの3グレード(『PURE』、『PRESTIGE』、『R-SPORT』)にはインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた全輪駆動(AWD)モデルも加わり、多彩なドライビングスタイルに応える14機種の幅広いラインアップとなった。

 また安全性の部分でも性能がより高められており、歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)や、車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示し運転操作をサポートするサラウンド・カメラシステムを強化した“フォワード・トラフィック・ディテクション”、車線変更時の衝突回避をサポートする“ブラインド・スポット・アシスト”を新たに採用。

 インテリアでは、直感的なタッチ操作やホーム画面を自由にカスタマイズできる10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム『InControl Touch Pro』に、運転席と助手席の乗員が同時に異なるコンテンツを見ることができるデュアルビュー機能を搭載している。

 さらにオプションで、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐ最新のコネクティビティ機能も用意された。

2リッター直列4気筒INGENIUMガソリンを新たに搭載した『ジャガーXE』の2018年モデル

2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルにはインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた全輪駆動(AWD)モデルも登場
最高速度は約322km/h、0-100km/hは3.3秒を誇るジャガー史上最もパワフルな『XE SV PROJECT 8』
リヤディフュザーに加え、フレアフェンダーを収めるべく膨らんだバンパーにはスリットも設けられる


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング