クルマ ニュース

投稿日: 2018.02.28 11:36
更新日: 2018.02.28 11:37

ニッサンの電動パワートレイン“e-POWER”搭載車第2弾、『セレナe-POWER』デビュー


クルマ | ニッサンの電動パワートレイン“e-POWER”搭載車第2弾、『セレナe-POWER』デビュー

2018年2月28日
プレスリリース

『セレナ e-POWER』を発売

 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は28日、『セレナ』に電動パワートレインe-POWERを搭載した『セレナ e-POWER』を3月1日より全国一斉に発売すると発表しました。
 
『セレナ』は、“楽しい思い出をつくり続ける“家族”のミニバン”として1991年の初代発売以来、常に時代が求めるファミリーの楽しみを追求し、進化を続けているミニバンです。

 また、e-POWERは、2016年にノートに初搭載し、その力強い走行性能や高い静粛性、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで意のままに行うことができる“e-POWER Drive”が、高く評価され、多くのお客さまにお買い求めいただいています。

 今回は、このミニバンの『セレナ』に、大好評の“e-POWER”を搭載し発売致します。
 
『セレナ e-POWER』は、搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行します。『セレナ』が誇る室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性などはそのままに、さまざまなシーンや走行環境において、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速を実現するとともに、車速に応じたエンジン回転制御とボディの随所に防音対策を施すことにより、クラスを超えた高い静粛性を実現しました。

 また、燃費性能では、発電用エンジンでの効率的な発電や優れた空力性能により、26.2km/L(JC08モード)の低燃費*1を達成しました。

 デザイン面では、フロントグリルをはじめ、エクステリアおよびインテリアの随所にe-POWERの先進性を象徴する、ブルーアクセントが施されています。エクステリアは、専用の15インチの切削アルミホイール、ルーフサイドスポイラーを新たにデザインし空力を向上しています。
 
 インテリアは、シフトバイワイヤー機能のシフトノブや、ブルーアクセントのイルミネーションを大型のマルチセンターコンソールトレイにあしらい、より先進的なイメージのデザインとしました。

 走行性能では、e-POWERならではの力強い走りや“e-POWER Drive”*2によるワンペダル感覚の運転*3を楽しむことが可能です。また、今回新たな機能として、深夜遅い時間など、静かに帰宅できるよう、なるべくバッテリーだけで静かに走行する“マナーモード”や“マナーモード”をフルに活用できるよう事前に充電しておく“チャージモード”を設定しました。

 先進機能としては、『セレナ e-POWER』にも高速道路の同一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御する“プロパイロット”を採用しました。
 
 また、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報やハイビームアシストを標準装備し、踏み間違い衝突防止アシスト(メーカーオプション)を装備することにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車、“セーフティ・サポートカーS(サポカーS)”のワイド*4に対応します。

セレナ e-POWER ハイウェイスター V インテリア
セレナ e-POWER ハイウェイスター V インテリア


本日のレースクイーン

CABANA/TbyTwo
吉原詩織(よしはらしおり)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング