クルマ ニュース

投稿日: 2018.05.18 16:07

ホンダ、『ジェイド』をマイナーチェンジ。2列シートの“RS”を新設定


クルマ | ホンダ、『ジェイド』をマイナーチェンジ。2列シートの“RS”を新設定

2018年5月17日
プレスリリース

『JADE』をマイナーモデルチェンジして発売

 Hondaは、セダン並みの低全高でスタイリッシュなフォルムの中に高い居住性とユーティリティーを実現し、上質な走りでご支持をいただいている『JADE(ジェイド)』をマイナーモデルチェンジして、5月18日(金)に発売します。

 今回のモデルチェンジでは、“NEW STYLE WAGON”をコンセプトに、ガソリン車とハイブリッド車に2列シート5人乗り仕様※1を追加しました。また、2列シート5人乗り仕様には、ガソリン車、ハイブリッド車ともに、よりスポーティーで上質な走りを体感できるRS(アールエス)を設定。さらに、先進の安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダ センシング)※2を全タイプに標準装備とするなど、機能をより充実させました。

販売計画台数(月間)

500台

主な変更点

2列シート5人乗り仕様の“RS・Honda SENSING”“HYBRID RS・Honda SENSING”“G・Honda SENSING”を設定

・2列5人乗り仕様はガソリン車とハイブリッド車に設定し、後席は厚みのあるシートと広い足元のスペース、大型アームレストや反転テーブルなどで、ゆったりとしたくつろぎの空間を実現しています。また、ラゲッジスペースはゴルフバック※3 4個またはスーツケース※4 4個を収納できる大容量としました。

エクステリアデザインをよりスタイリッシュに
・RSはインラインタイプのLEDヘッドライトや、ハニカムメッシュフロントグリル、新規採用18インチのアルミホイールを採用し、スポーティーかつシャープなデザインとしました。

・低くスポーティーなスタイルを引き立てる、ブラックルーフ仕様のエクステリアカラーを新たに設定※5しました。

よりスポーティーで上質な走りへと進化
・ガソリン車RS専用セッティング
伸びのある加速を体感できるCVT制御を新たに採用。またCVTの高回転域での加速フィーリング向上を狙い“全開加速ステップアップシフト制御”を追加し、エンジン高回転域でのステップ変速により、エンジンサウンドと加速の調和ある走りを楽しめます。さらに、制動時にエンジン回転数を上げる“ブレーキ時ステップダウンシフト制御”も設定し、より安心感のある減速と、コーナー立ち上がり時などの再加速に備える俊敏なレスポンスを実現しました。

・SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッドi-DCD※6”のギアレシオと駆動力制御を見直し、特に発進加速時のアクセル踏み始めからのレスポンス向上を実現しています。

・マニュアル車感覚で走りを楽しめるパドルシフトを全タイプ標準装備しています。

・RSとXは、リアに採用しているダブルウィッシュボーンサスペンションをはじめ、ダンパーセッティングに見直しを図ることで、より上質かつ爽快な走りを実現しています。

JADE HYBRID X・Honda SENSING(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)
JADE RS・Honda SENSING インパネイメージ


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング