クルマ ニュース

2019.04.29

ジープの『グランドチェロキー』と『ラングラー』にワイルドな限定車&新グレードが登場


クルマ | ジープの『グランドチェロキー』と『ラングラー』にワイルドな限定車&新グレードが登場

 4×4のオフロードブランドとして世界的名声を誇る老舗、ジープの2大旗艦モデル『グランドチェロキー』と『ラングラー』に、数々の特別装備により、さらなるオフロード性能とともに特別感を付与した限定車『Grand Cherokee Trailhawk(トレイルホーク)』と、『Wrangler Unlimited Rubicon(ラングラー アンリミテッド・ルビコン)』が登場。ともに5月18日から発売開始となる。

 100台限定モデルとして登場した『グランドチェロキー・トレイルホーク』は、プレミアム性と卓越したオフロード性能を併せ持つ、グランドチェロキーの“本格オフローダー”としての側面を強調したモデル。

 機能面については、リヤアクスルに電子制御式LSDを搭載した“クォドラドライブII 4×4システム”を搭載し、滑りやすい路面でも優れたトラクションを発揮。さらに急勾配路を一定の低速で安定して上ったり、下ったりできる“セレクスピードコントロール”も装備し、慎重なアクセル&ブレーキ操作が要求される状況において、ドライバーの運転操作を強力にサポートする。

 エクステリアは、トレイルホーク専用のナチュラルグレーをアクセントとしたブラックグリルやフォグランプベゼル、ドアミラーカバー、ならびにマットブラックボンネットデカールにより精悍さが加えられ、オフロード走行時にボディ下部を保護するスキッドプレートを4箇所に装備するほか、レッドカラー仕上げの牽引フックや専用18インチアルミホイールなどにより、機能性も兼ね備えたタフなルックスが演出されている。

 そしてインテリアでも、ブラックを基調にレッドステッチをあしらったインテリアトリムや、TRAILHAWK ロゴ入りレザーシートにより上質な空間に仕立てられており、高い機能性とデザイン性を追求しつつプレミアムカーとしての資質も妥協しない、付加価値の高い1台に仕上がっている。

 一方の『アンリミテッド・ルビコン』は、ジープ伝統の”Trail Rated”バッジが全車に掲げられるラングラーにおいて最強のオフロード性能を誇る1台とされ、専用の変速比が与えられた副変速機を持つ。

リアアクスルに電子制御式LSDを搭載した”クォドラドライブII4×4システム”を搭載した『グランドチェロキー・トレイルホーク』


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング