クルマ ニュース

2019.06.28

プジョーらしい乗り心地と大容量ラゲッジスペース搭載のステーションワゴン『508 SW』を発売


クルマ | プジョーらしい乗り心地と大容量ラゲッジスペース搭載のステーションワゴン『508 SW』を発売

2019年6月27日
プレスリリース

プジョー 新型『508 SW』発売
ステーションワゴンの概念のすべてを変えるゲームチェンジャー

 プジョー・シトロエン・ジャポン(本社:東京都目黒区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、2019年6月27日(木)に、プジョーブランドのフラッグシップ、新型508 SWの発売を開始いたしました。

 “サルーンの概念のすべてを変える”をテーマに今年3月に日本市場デビューし、そのスタイリングと走り、先進機能が幾多の称賛をもって迎えられた新型508にステーションワゴンタイプの新型、508 SWが追加されました。新型508がサルーンの概念を打ち破る4ドアファストバックという大胆なスタイルになったのと同様に、新型508 SWもまた、ステーションワゴンの概念を打ち破るスリークなスタイルとなりました。

 エレガントに下降するルーフラインとボンネット左右から始まるダイナミックなプレスラインが、それぞれ伸びやかにテールゲートへと進み、見る人の目を離さないダイナミズムを産み出しています。508 SWでは、508のスタイリングテイストはそのままに、リアオーバーハングを4cm延長し、さらに伸びやかなステーションワゴンならではのデザイン性とユーティリティが加わりました。

 ステーションワゴン化によって2列目シートのヘッドクリアランスはファストバックにくらべ約4cmのゆとりが生まれ、後席の居住性とロー&ワイドなスタイリングとの融合はさらなる高みに到達しています。また、ラゲッジスペースは530リットル、さらに後席をたたんだ場合は1780リットルという大容量を誇ります。

プジョー508 SW/ラゲッジスペース
プジョー508 SW/ラゲッジスペース

 インテリアはドライビングのためのインターフェイスとしてUI/UXの革新たるi-Cockpit®をさらに進化させた次世代型となりました。ドライビングのための空間としてのデザインや入念に選択されたマテリアル、しつらえとあわせて卓越したクオリティで乗る人を迎えます。このi-Cockpit®はまた、レーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロール、ナイトビジョンに第2世代アクティブセーフティブレーキといった各先進機能の操作もつかさどります。

プジョー508 SW/インテリア
プジョー508 SW/インテリア

 車体は、業界をリードするポテンシャルを有し、電動化*も見据えた発展性および能力に定評あるグループPSAの主力プラットフォーム『EMP2』にアクティブサスペンションとリアマルチリンクサスペンションを組み合わせました。すでに新型508において国内外で絶賛を受けているプジョーらしい、しなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリング、静粛性を兼ね備えたライドフィールは、Dセグメントステーションワゴンをリードする新たな高みに達しています。


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

pacific fairies
夏本あさみ(なつもとあさみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング