クルマ ニュース

2019.07.18

マツダ、デミオを車名変更『MAZDA2』に。新たなデザインと技術を取り入れ予約受注を開始


クルマ | マツダ、デミオを車名変更『MAZDA2』に。新たなデザインと技術を取り入れ予約受注を開始

7月18日
プレスリリース

『MAZDA2』の予約受注を開始
日常を豊かにする上質なパーソナルカー

 マツダは、同社の5ドアハッチバック『マツダ デミオ』*1を、マツダブランドを鮮明化すべく、『MAZDA2(マツダ・ツー)』と車名変更し、新たなデザインと技術を取り入れ、全国のマツダ販売店を通じて本日より予約受注を開始します。発売は9月12日を予定しています。

 MAZDA2は、“日常を豊かにする上質なパーソナルカー”をコンセプトに、普段の生活のなかでお客さまが感じる“質感”にこだわったマツダブランドへの入り口を担うクルマです。

 デザイン、クラフトマンシップといった“見て、触れて感じる質感”の領域に加えて、操縦安定性、乗り心地、静粛性といったクルマの基本的な部分である“乗って、運転して感じる質感”の領域にもこだわって造り込みました。

 エクステリアデザインは、見る人の心を動かすエレガントさを目指しました。余計な要素をそぎ落とし、研ぎ澄ますことでシンプルかつ豊かさのある彫りの深い造形を創り出し、路上で見かけたときの新鮮さと存在感を高めています。

MAZDA2/ソウルレッドクリスタルメタリック(フロント)
MAZDA2/ソウルレッドクリスタルメタリック(フロント)
MAZDA2/ソウルレッドクリスタルメタリック(リヤ)
MAZDA2/ソウルレッドクリスタルメタリック(リヤ)

 インテリアは、いつまでも乗っていたくなる居心地のよい空間を目指しました。上質さと遊び心を両立させた色合いと、厳選した素材で、お客さまの多様なライフスタイルにマッチするよう造り込みました。加えて、静粛性においても、人の音の聞こえ方を研究し、より静かで質の高いものとしています。

MAZDA2/インテリア
MAZDA2/インテリア

 また、動き出した瞬間からまるでクルマが自分と一体になったかのような自然な感覚で運転でき、気持ちに余裕が生まれ、心から毎日の運転を楽しんでいただけることを目指し、シートやサスペンションシステム等に新世代商品で採用している車両構造技術『SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE』*3の考え方を取り入れました。

 さらには、『マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)』*4を全車速追従機能付とするとともに、ヘッドライトのLEDユニットの20分割化により夜間視認性を向上させた『アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)』を設定するなど、質の高い運転体験を支え、安心・安全をサポートする機能を充実させています。

 今後もマツダは、日常のさまざまなシーンで“走る歓び“と“優れた環境・安全性能“を感じていただけるよう継続して商品を進化、熟成させ、お客さまの心や体に活力を与え、マツダ車を乗り続ける価値を感じていただくことで、「お客さまと世界一強い絆で結ばれたブランド」となることを目指してまいります。


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング