クルマ ニュース

投稿日: 2019.10.04 11:07
更新日: 2019.10.04 11:14

ミツビシ、電動SUVや新型軽自動車のコンセプトカーを東京モーターショー2019で世界初披露


クルマ | ミツビシ、電動SUVや新型軽自動車のコンセプトカーを東京モーターショー2019で世界初披露

三菱自動車、第46回東京モーターショー2019出品概要
電動SUVコンセプトカー『MI-TECH CONCEPT』及び新型軽コンセプトカー『Super Height K-Wagon Concept』を世界初披露

 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、第46回東京モーターショー2019(会期:2019年10月24日~11月4日、会場:東京ビッグサイトーお台場周辺エリア)において、スモールサイズの電動SUVコンセプトカー『MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)*1』及び新型軽コンセプトカー『Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』を世界初披露します。

 また、本年3月のジュネーブ国際モーターショーで世界初披露したミッドサイズの電動SUVコンセプトカー『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)*2』を日本初披露するほか、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』、ミニバン『デリカD:5』、軽ハイトワゴン『eKクロス』など、国内で販売する主力モデルも出品します。

1. 『MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)』概要(世界初披露)

 MI-TECH CONCEPTは、“光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV”をコンセプトとし、軽量・小型化した新しいプラグインハイブリッドEV(PHEV)システム、4モーター方式の電動4WDシステム、先進の運転支援技術と予防安全技術をスモールサイズのSUVに凝縮した、当社ブランドメッセージである“Drive your Ambition”*3を体現するコンセプトカーです。

(1)PHEVシステム
 スモールサイズSUVに搭載するにあたり、発電用エンジンを従来のガソリンエンジンからガスタービンエンジンとして軽量・小型化を図りました。EV走行モード及びシリーズ走行モードによって、電動車ならではの滑らかで力強い走りを実現する新しいPHEVシステムです。

(2)電動4WDシステム【Quad motor(クアッドモーター)4WDシステム】
 モーター2基で構成する三菱自動車の独自技術『デュアルモーターAYC*4』を前輪と後輪それぞれに搭載した4モーター方式の電動4WDシステムを搭載し、四輪すべてに最適な駆動力を伝えることを可能としました。日常では安心・安全な思い通りの操縦性を実現、オフロードでは圧倒的な走破性を発揮します。

(3)先進の運転支援技術及び予防安全技術
 先進の光センサーを用いたセンシング技術により検知した様々な情報を、フロントのARウィンドウシールドに映し出すヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を搭載。ドライバーに的確な注意喚起を行うとともに、ステアリング及びブレーキ操作をサポートする運転支援技術『MI-PILOT(マイパイロット)』、衝突被害を回避または軽減する予防安全技術によりドライバーに安心・安全、そして運転する歓びを提供します。

 また、ブース内ではコンセプトカーを様々な角度や距離から見ることができるVR(ヴァーチャル・リアリティ)展示を行います。テーブル上にコンセプトカーを説明する映像が映し出され、回転、拡大、縮小、シーンの切り替えなどVRならではの様々な演出を俯瞰視点でご体験いただけます。

 加えて俯瞰視点から周囲を見渡すだけでなく、回りこんだり、覗き込んだり、下から見上げたりと自由に移動や、アングルを変更しながらお楽しみいただけ、『MI-TECH CONCEPT』の世界観をご体感いただけます。

2. 『Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』概要(世界初披露)

 Super Height K-Wagon Conceptは、“いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい”というドライバーの気持ちに応える新世代のスーパーハイト軽ワゴンです。

 スーパーハイト軽ワゴンならではの広々とした居住空間を実現し、同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込みながら、三菱自動車らしいSUVテイストのデザインを実現させました。居住空間を最大化させながら、キビキビと小気味よい走りを実現。

 また、高速道路同一車線運転支援技術『MI-PILOT』や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど『サポカーSワイド』に該当する予防安全技術を採用することで、ドライバーの負担を軽減し、乗る人すべてに安心・安全を提供します。

新型軽コンセプトカー『Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』
新型軽コンセプトカー『Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』

3. 『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)』概要(日本初披露)

 MITSUBISHI ENGELBERG TOURERは、ツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載した、ミッドサイズの新世代クロスオーバーSUVのコンセプトカーです。

 どんな気象条件や路面状況でもドライバーが自信をもってドライブできる高い走行性能と、PHEVならではの長い航続距離を特長としています。

 またPHEVシステムを構成する様々なコンポーネントを搭載しながら、3列シートによる多人数乗車を可能とする優れたパッケージングにより、SUVとしての魅力をいっそう高めています。

ミッドサイズ電動SUVコンセプトカー『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)』
ミッドサイズ電動SUVコンセプトカー『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)』

4. 『電動DRIVE HOUSE』

 電動車、V2H充放電機器、太陽光パネル、家庭用蓄電池などで構成するV2H*5システムをパッケージ化し、販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップ化したサービスである電動DRIVE HOUSEを本日より一部地域で販売開始しました*6。

 三菱自動車ブースでは、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』とともに展示し、太陽光発電による電動車への充電や、電動車から家庭への電力供給という流れをビジュアル化し、電気代の節約や緊急時の非常用電源としての利便性など、お客様に様々なメリットを提案します。

5. 出品車一覧

・MI-TECH CONCEPT 世界初披露(参考出品)
・Super Height K-Wagon Concept 世界初披露(参考出品)
・MITSUBISHI ENGELBERG TOURER 日本初披露(参考出品)
・アウトランダーPHEV
・デリカD:5
・RVR 海外:ASX、北米:アウトランダースポーツ
・エクリプス クロス
・eKワゴン
・eKクロス

*1:車名の『MI-TECH』の「M」はMITSUBISHIの頭文字、「I」はIntelligent(知性)、Ingenious(創意工夫)、Inspired(閃き)を意味します。『TECH』はTechnologyの略であり、三菱自動車の将来技術が多数搭載されています。
*2:車名に冠したエンゲルベルクはスイス中央部にある山間部の村で、壮大なパノラマの景色を楽しむことができる有数のスキーリゾートであり、自然で人の手が入っていない地形で滑走するスキーのスタイル、フリーライディングを楽しむことができる場所として知られています。
*3:Drive your Ambitionは“行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい”という志を持ったお客様の、想いに応えるクルマづくりを表現する当社のブランドメッセージです。
*4:Active Yaw Controlの略。
*5:Vehicle to Homeの略で、EVやPHEVに蓄えた電気を家庭で使う仕組みのこと。
*6:サービス提供は、東日本三菱自動車販売(株)世田谷店による一部地域。

 三菱自動車の東京モーターショーに関する様々な情報を発信していくスペシャルサイトはこちら。
<日本語>
(https://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorshow/2019/tms2019/)
<英語>
https://www.mitsubishi-motors.com/en/innovation/motorshow/2019/tms2019/


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

DIREZZA GIRLS
宮島マリーナ(みやじままりーな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング