クルマ ニュース

投稿日: 2020.01.07 17:09

ピュアドライブを楽しむ後輪駆動のランボルギーニ『ウラカンEVO RWD』デビュー


クルマ | ピュアドライブを楽しむ後輪駆動のランボルギーニ『ウラカンEVO RWD』デビュー

 2020年1月、イタリアン・スーパーカーメーカーのラインアップに、ピュアなドライビングを楽しむV10後輪駆動モデルが加わった。610馬力の最高出力、最大トルク560Nmというスペックを持つ新型ランボルギーニ。その名はウラカンEVO RWDだ。

 RWDとはRear Wheel Driveの略で、すわなち2駆の後輪駆動を意味する。1月4日に発表されたこのクルマの重量は1389kg。0-100km/h加速を3.3秒、最高速は325kg/hに達するが、車両開発ではストレートスピードやサーキットでの最速ラップタイムではなく、ドライバーが心から運転を楽しめることにフォーカスが当てられた。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング