クルマ ニュース

投稿日: 2020.01.16 12:37

マツダのSKYACTIV-X搭載モデル第2弾は『CX-30』1月16日より発売開始


クルマ | マツダのSKYACTIV-X搭載モデル第2弾は『CX-30』1月16日より発売開始

2020年1月16日
プレスリリース

MAZDA CX-30の“SKYACTIV-X”搭載車を発売

世界初の圧縮着火ガソリンエンジンで、気持ちよい走りと優れた環境性能を両立

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、同社独自の燃焼制御技術“SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)”によって、ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて*1実用化した新世代ガソリンエンジン、SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)を搭載するクロスオーバーSUV『MAZDA CX-30』を、全国のマツダ販売店を通じて1月16日より発売します。

“人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー”をコンセプトに開発したCX-30は、お客さまからは「市街地での取り回しが容易な、丁度よいサイズ」、「デザインと居住性、静粛性・オーディオが高次元でバランスされた、質感の高い室内空間」、「特徴的で美しいエクステリアデザイン」、「運転がしやすく、今までより遠くまで行きたくなる」など、洗練されたスタイリングと機動性・パッケージングを融合した点に、ご支持をいただいております。

 このたびCX-30に新しく搭載したSKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合し、人馬一体の気持ちよい走りと優れた環境性能を両立したマツダ独自の新世代ガソリンエンジンです。
 
 また、マイルドハイブリッドシステム“M Hybrid(エム ハイブリッド)”の採用により、滑らかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポートします。

 MAZDA3のSKYACTIV-X搭載車を購入または試乗されたお客さまからは、「発進後の加速が滑らか。アクセルを踏んだ分だけスーッと加速する」、「静かなディーゼルのよう。M Hybridのアシストで変速ショックも少ない」、「SKYACTIV-Xを試乗した後に他のクルマに乗ると、自分の思った通りに動いていないことを実感した」と、さまざまな走行シーンで意のままにクルマを操る“気持ちよさ”と“楽しさ”、“上質さ”に高い評価をいただいております。

 マツダは、クルマ本来の魅力である“走る歓び”によって、美しい地球と心豊かな人・社会を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■マツダCX-30 SKYACTIV-X搭載車 メーカー希望小売価格

329万4500~371万3600円(税込)

■『マツダCX-30 SKYACTIV-X 2.0』主要諸元

エンジン
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量1.997L
圧縮比15
最高出力132kW(180ps)/6000rpm
最大トルク224N・m(22.8kgf・m)/3000rpm
モーター
種類交流同期電動機
最高出力4.8kW(6.5ps)/1000rpm
最大トルク61N・m(6.2kgf・m)/100rpm
動力用主電池リチウムイオン電池 24V