クルマ ニュース

投稿日: 2020.06.13 07:30
更新日: 2020.06.12 17:42

ポルシェ、新型カイエンGTSとGTSクーペの予約受注を開始。V8エンジンを搭載し460馬力を発揮


クルマ | ポルシェ、新型カイエンGTSとGTSクーペの予約受注を開始。V8エンジンを搭載し460馬力を発揮

2020年6月12日
プレスリリース

8気筒エンジンを再び搭載。新型カイエンGTSモデル

 ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)は、卓越した走行性能を念頭に設計したダイナミズムと高級感を兼ね備えるふたつの新型カイエンGTSと新型カイエンGTSクーペの予約受注を日本全国のポルシェ正規販売店にて6月12日(金)より開始します。

 ポルシェのGTSモデルではパワートレーンが特に重要な役割を果たします。先代カイエンGTSには3.6リッターV6ツインターボエンジンが搭載されていましたが、このニューモデルでは再びV8エンジンが採用されました。最高出力338kW(460PS)、最大トルク620Nmを発生する4リッターツインターボエンジンは、あらゆる面でパフォーマンスを大幅に向上させています。

 スポーツクロノパッケージを装備した新型カイエンGTSは、0-100km/hに加速において4.5秒のタイムをマークするとともに、最高速度が270km/hに達します。ローダウンされたパフォーマンス志向のシャシー、独自のデザインおよび強化された装備が新しいGTSのパッケージを高い完成度に仕立て上げています。

パワフルで効率性に優れ、かつ感動的:V8エンジンおよび新型スポーツエグゾーストシステム

 新型カイエンGTSは、カイエンのフラッグシップモデルであるカイエンターボのために開発した4リッターV8ツインターボエンジンを搭載しており、先代モデルと比較すると最高出力が14kW(20PS)、最大トルクが20Nm向上しています。これにより新世代のカイエンGTSは走りの性能が大幅に進化しています。

 スポーツクロノパッケージを装備した場合、先代モデルに比べ、0-100km/h加速のタイムが0.6秒短縮されるほか、最高速度も8km/hアップします。同時に効率も重視されていますが、その優れた効率性を実現させているのは最適化されたオートマチックトランスミッションの8速ティプトロニックS、アダプティブシリンダーコントロール、センターインジェクション方式のガソリンダイレクトインジェクション、およびインテリジェント設計のサーマル・マネージメント・システムです。

 最もスポーツ性の高いカイエンであるGTSモデルの場合、NEDC複合サイクルの燃費は11.4ー11.2ℓ/100kmとなっています。カイエンGTSクーペもすべての点においておなじレベルのパフォーマンスを誇ります。

 このモデルの卓越したパフォーマンスにふさわしい、きわめて感動的な聴覚体験を提供すべくスポーツエグゾーストシステムが専用設計されました。標準装備されるエグゾーストシステムはテールパイプを車体リヤの左右に配し、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でます。

 高周波チューニングされたスポーツエグゾーストシステムは、新たに開発されたものです。中央に配置される2本のオバールテールパイプは、カイエンGTSクーペのみに装備されます。将来的にはカイエンターボクーペにも展開される予定で、それぞれオプションのライトウェイトスポーツパッケージとの組み合わせで提供されます。

新型ポルシェ・カイエンGTSクーペ
新型ポルシェ・カイエンGTSクーペ
新型ポルシェ・カイエンGTSクーペ
新型ポルシェ・カイエンGTSクーペ

20mmローダウン、ダイナミックダンパーコントロール装備


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
宮越愛恵(みやこしまなえ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング