クルマ ニュース

投稿日: 2020.08.04 17:40

BMW、主軸の3シリーズに『BMW 318i』を追加設定。待望のエントリーモデルが登場


クルマ | BMW、主軸の3シリーズに『BMW 318i』を追加設定。待望のエントリーモデルが登場

 Dセグメントサルーンの“メートル原器”と呼ぶべき存在のスポーツセダン『BMW 3シリーズ』に、2リッター直列4気筒ガソリン直噴ターボを搭載した待望のエントリーグレード『BMW 318i(サンイチハチアイ)』が登場。BMWが日本初認可を取得したハンズ・オフ機能など充実した安全運転支援システムを搭載し、サポカー補助金対象モデルにも認定され8月3日より発売開始となっている。

 従来の320i SEに代わって追加設定されたBMW 318iは、先代よりおなじみのグレード名を持つエントリーモデルとして、現行G20型でも初登場。伝家の宝刀とも呼ぶべき最新ストレート6、直列6気筒直噴ターボエンジンと4輪駆動システムを採用する“M340i xDrive”を頂点に、プラグインハイブリッドの“330e”やクリーンディーゼルの“320d”系、2リッターガソリンの“320i”などに加えて、3シリーズ全体で幅広いラインアップが整った。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
美月(みづき)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング