クルマ ニュース

投稿日: 2020.09.24 16:03
更新日: 2020.09.24 16:04

ニッサン『NV350キャラバン』が一部仕様向上。車中泊ニーズに対応した“マルチベッド”も新設定


クルマ | ニッサン『NV350キャラバン』が一部仕様向上。車中泊ニーズに対応した“マルチベッド”も新設定

2020年9月24日
プレスリリース

 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田誠)は、24日、『NV350キャラバン』ワゴンを一部仕様向上、および、『NV350キャラバン』バンに『マルチベッド』を新設定して、同日より全国一斉に発売します。

 NV350キャラバンは、広くて使い勝手の良いクラスNo.1*1の荷室空間や堂々とした存在感のあるデザイン、そして『インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキ』をはじめとする先進安全技術が、お客さまより好評をいただいています。

 ワークユースのみならず、レジャーや趣味などを楽しむ方をはじめ、幅広い層のお客さまにお乗りいただいています。また、NV350キャラバンに新型コロナウイルス感染症対策を施した車両*2も、医療現場で大変ご評価いただいています。

 今回は、NV350キャラバンのなかでも、取り回しのよさと、快適な広さを両立した10人乗りのワゴンタイプの環境性能を向上させるため、エンジンを一部改良しました。9月24日より全国一斉に日産の販売店にて発売します。

*1 小型貨物車4ナンバーバンクラスにおいて。
*2 特別仕様車になります。

■全国希望小売価格(消費税込み)

ロングボディ:270万3800~318万6700円
スーパーロングボディ:362万3400円

ニッサンNV350キャラバン
ニッサンNV350キャラバン

 日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐隆夫)は、24日、人気の高まる車中泊ニーズに呼応したNV350キャラバン『マルチベッド』を新たに設定し、日産の販売会社を通じて同日より全国一斉に発売すると発表しました。

 NV350キャラバン『マルチベッド』は、荷室スペースに左右跳ね上げ式のベッドシステムと硬質のフロアパネルを装備することにより、車内での快適な休憩や宿泊のための機能を有しながら、積載性も兼ね備えたモデルです。

 ベッドは荷室全面にわたって展開できるほか、左右に独立させた状態での使用もできます。また、ベッドをベンチとして、オプションのテーブルと組み合わせて使用することも可能です。アウトドアスポーツや大きな機材を使用する趣味に、さらには、テレワークの仕事部屋としてなど、使用シーンに合わせてさまざまなアレンジが可能です。

 本モデルの新設定と同時に、NV350キャラバン『ライダー』、『送迎タイプ』の10人乗りワゴンタイプについては、ベース車と同様にエンジンを一部改良しました。また送迎タイプにおいて、新たに4WD車を設定したほか、ワゴンDXに『助手席側ワンタッチオートスライドドア』を装備可能とし、より幅広いニーズに対応できるラインアップとしました。

 なお今回、NV350キャラバン マルチベッドの発売を記念して、日産自動車は車中泊仕様車を最大2泊3日無償貸出しする『日産のクルマで“車中泊”の旅に出よう!』Twitterキャンペーンを、9月24日から開始します。

■全国希望小売価格(消費税込み)

マルチベッド:340万3400~432万3000円
ライダー:335万1700円
送迎タイプ:298万9800~394万200円

 ニッサンNV350キャラバンの詳細については公式ホームページまで。
・NV350キャラバン(https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/nv350caravan.html
・NV350キャラバン“マルチベッド”(https://www.autech.co.jp/sv/nv350caravan_multibed/index.html


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング