クルマ ニュース

投稿日: 2016.11.18 13:45
更新日: 2016.11.18 13:25

スバル、次世代3列ミッドサイズSUVのコンセプトモデルをLAショーで初公開


クルマ | スバル、次世代3列ミッドサイズSUVのコンセプトモデルをLAショーで初公開

『SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT』を2016年LAオートショーで世界初公開

2016年11月18日

 富士重工業は本日、開催中の2016年LAオートショーにおいて、『SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT』を世界初公開しました。

 SUBARU VIZIVシリーズは、スバルがお客様にお届けする安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したコンセプトシリーズです。

 このSUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPTは、スバルラインアップ上最大となるボディスタイルで、将来のスバル多人数SUVを提示しています。

SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT
SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT

 3列シートの全座席においてゆとりある室内空間を提供するボディサイズとスバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC×SOLID”を採用し、2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列ミッドサイズSUVのサイズ感を表現します。

 スバルグローバルサイト(http://www.subaru-global.com/ms2016/la/)では、SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPTの画像をはじめ、プレスカンファレンスの映像等を配信する予定です。

*:VIZIVは「Vision for Innovation」を語源とする造語(「革新のための未来像」の意)

【主な仕様】
ボディサイズ(全長/全幅/全高):5,200/2,030/1,860mm
ホイールベース:2,990mm
タイヤサイズ:265/55 R21


本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
神楽万早実(かぐらまさみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング