クルマ ニュース

投稿日: 2016.12.20 11:30
更新日: 2016.12.20 10:56

ついにディーゼル搭載モデル登場。『レンジローバー&レンジローバースポーツ』


クルマ | ついにディーゼル搭載モデル登場。『レンジローバー&レンジローバースポーツ』

 例年、イヤーモデル的に年次改良が施されるジャガー・ランドローバー(JLR)のモデルにおいて、その象徴たる『レンジローバー』と『レンジローバースポーツ』が2017年モデルに進化。この改良で、ついに“砂漠のロールスロイス”に最新クリーンディーゼル搭載モデルが追加設定されることとなった。

 すでに本国では最新のインジニウムのアーキテクチャーを活用した2リッター・ディーゼルの搭載も始まっているが、今回、両モデルに搭載されるのは本国では従来から設定のある3.0リッターV6ターボの(SDV6、TDV6)と呼ばれるエンジンで、最高出力258PS、最大トルク600Nmを発生。

 トランスファー付きの8速ATや、高い悪路走破性を誇る「テレインレスポンス2」などと合わせて、低速トルクで押し出す、クロスカントリー4×4の最高峰にふさわしい走りを実現している。

MY17レンジローバーには「VOGUE」と「AUTOBIOGRAPHY」のディーゼル搭載2グレードを新設定
MY17レンジローバーには「VOGUE」と「AUTOBIOGRAPHY」のディーゼル搭載2グレードを新設定

専用のスマートフォンのアプリを介して、車両位置情報(最終駐車位置、車両駐車位置までの経路案内)やトリップデータ(ルート、平均速度、燃費)、ドアやウィンドウの開閉状況を確認可能
専用のスマートフォンのアプリを介して、車両位置情報(最終駐車位置、車両駐車位置までの経路案内)やトリップデータ(ルート、平均速度、燃費)、ドアやウィンドウの開閉状況を確認可能

InControl Wi-Fi ホットスポットではSIMカードを車両に装備することで、車内にWi-Fi環境を作ることが可能で、最大8台のデバイスをワイヤレスで接続できる
InControl Wi-Fi ホットスポットではSIMカードを車両に装備することで、車内にWi-Fi環境を作ることが可能で、最大8台のデバイスをワイヤレスで接続できる

最高出力258PS、最大トルク600Nmを発生する3.0リッターV6 ターボチャージド・ディーゼル・エンジン
最高出力258PS、最大トルク600Nmを発生する3.0リッターV6 ターボチャージド・ディーゼル・エンジン


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

2019 リアライズガールズ
小泉奈央(こいずみなお)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング