クルマ ニュース

投稿日: 2016.11.30 17:00
更新日: 2016.11.30 14:47

クーペを想わせる流麗リヤエンドのメルセデス・ベンツ『Eクラス ステーションワゴン』


クルマ | クーペを想わせる流麗リヤエンドのメルセデス・ベンツ『Eクラス ステーションワゴン』

 自動運転の未来を予見させる数々の先進技術を搭載して話題となったメルセデス・ベンツ新型『Eクラス』に、ファミリーの両輪となるステーションワゴンが登場。クーペを想わせるリヤエンドの造形と、セダン同様の上質なインテリアに、圧倒的積載性を誇る大容量ラゲッジを持つメルセデス随一の万能モデルとなっている。

 流麗なルーフラインと合わせてCD値(空気抵抗係数)0.28という優れた空力性能を備えるボディ形状ながら、最大の特徴となるのが1820リッターの大容量を実現したラゲッジルーム。

 リヤサスペンション取付位置をステーションワゴン専用とすることで、フラットな荷室空間を実現したうえ、40:20:40の分割可倒方式を採用した後席バックレストは、ラゲッジルーム左右または後席左右のスイッチで簡単に倒すことが可能となっている。

 また、リヤバンパーの下側に足を近づけることでセンサーが感知し、手を使わずにテールゲートを開閉することができる「フットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)」も全モデルに標準装備。さらに、リヤエアサスペンションに電子制御のセルフレベリング機能を備えることで、乗車人数や積載量に関わらず一定の車高を維持することで卓越した乗り心地と運動性能を備え、隔壁がないことによる音や振動に対しても、リヤセクションを専用設計し、ボディ底面を補強することで剛性を高めて対処した。

 ワゴン特有の騒音に対しても、ボディ各部(バルクヘッド、サイドウォール、フロア、リアシート下部、ホイールアーチ等)に遮音材を多く備えることで静粛性を高めるなど、プレミアムステーションワゴンセグメントで頂点と呼ぶにふさわしい仕上がりとしている。

エクステリアは「アバンギャルド」「アバンギャルドスポーツ」「エクスクルーシブ」「AMG」の4種がそろう(写真はE250ステーションワゴン・アヴァンギャルドスポーツ)
エクステリアは「アバンギャルド」「アバンギャルドスポーツ」「エクスクルーシブ」「AMG」の4種がそろう(写真はE250ステーションワゴン・アヴァンギャルドスポーツ)

最大 1,820 リッター(VDA 方式)のラゲッジ。スイッチ操作でテールゲートを自由な角度で止めることも可能だ
最大 1,820 リッター(VDA 方式)のラゲッジ。スイッチ操作でテールゲートを自由な角度で止めることも可能だ

将来導入される RDE(実路走行試験)規制に対応した新開発の2リッター4気筒ディーゼルターボ
将来導入される RDE(実路走行試験)規制に対応した新開発の2リッター4気筒ディーゼルターボ


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング