クルマ ニュース

投稿日: 2016.11.29 12:23

伝統のサルーンもついに”キーンルック”を採用。トヨタ新型『マークX』登場


クルマ | 伝統のサルーンもついに”キーンルック”を採用。トヨタ新型『マークX』登場

 2004年の現行型登場以来、実に10年以上に渡るロングライフモデルとなった『マークX』に、ビッグマイナーチェンジが敢行され、大人のスポーティセダンとしてより洗練されたデザインに一新。エクステリアは最新トヨタのデザイン言語である「アンダープライオリティ」の思想が盛り込まれたスポーティなフロントマスクに進化し、11月22日より発売開始となった。

 トヨタのグローバル戦略モデルに次々と採用されている新たな”顔”であるキーンルックを、国内専売のマークXにも初採用。ロアグリルをサイドから包み込むように張り出した縁取りで囲み、ワイドに低く構えたバンパー&ロアグリルと、見る角度によって表情を変える緻密なデザインのアッパーグリル、洗練されたシャープなデザインのヘッドランプとの組み合わせがフロントフェイスをダイナミックに強調。ブラック基調のリヤコンビネーションランプの採用により、フロントとの一体感ある大人のスポーティさを演出した。

 また、今回のフェイスリフトに合わせてグレード体系も変更。スポーツとスタンダードのシンプルなグレード体系に見直し、スポーツグレードとして「250S」「250S Four」と、さらに上質感を付与した「250RDS」「350RDS」を設定。それぞれ表情の異なるフロントフェイスを採用している。

新色トゥルーブルーマイカメタリック、プレシャスブラックパール(オプション)を含む全6色を設定。洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を全外板色に採用
新色トゥルーブルーマイカメタリック、プレシャスブラックパール(オプション)を含む全6色を設定。洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を全外板色に採用

Bi-Beam LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプ/デイライトを組み合わせた角型6眼タイプとした
Bi-Beam LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプ/デイライトを組み合わせた角型6眼タイプとした

スパッタリング塗装を施した18インチアルミホイール(写真)と、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールを用意
スパッタリング塗装を施した18インチアルミホイール(写真)と、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールを用意


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング