国内レース他 ニュース

投稿日: 2016.04.26 01:46
更新日: 2016.11.18 17:23

86/BRZ Race第2戦:阪口良平が最終ラップで逆転。2年ぶりの勝利飾る


国内レース他 | 86/BRZ Race第2戦:阪口良平が最終ラップで逆転。2年ぶりの勝利飾る

 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの第2戦が、4月23日~24日に岡山国際サーキットで開催され、プロフェッショナルシリーズでは阪口良平(AREA86倉敷)が優勝を飾り、クラブマンシリーズでは橋本洋平(カーウォッチ86ポテンザED)がシリーズ初優勝を遂げた。

 プロフェッショナルシリーズの予選は、トップと1秒以内に22人が連なる驚きの展開となった。序盤のリーダーは元嶋佑弥(GY RACING 86)だったが、終盤にアタックを開始した山田英二(CUSCO BS 86)が逆転。岡山での2年連続ポールポジション獲得かと思われたものの、終了間際に谷口信輝(KTMS 86)が上回るアタックをみせた。

「実はセクター2でゼブラに乗っちゃって、少しフラフラッとしたんですよ。だからコンマ1、2秒損しているかもしれないけど、でもいい! ポールだから(笑)。明日は接戦になるでしょうけど、しのぎ続けます」と谷口が言えば、山田も「ちょっと残念。ピットで逆転って聞いた時にはガクッと来たよ。でも、当てられさえしなければ、決勝のラップ(ペース)には自信があるんだ」と決勝での巻き返しを誓う。3番手は元嶋で、4番手が阪口。これに佐々木雅弘(asset・テクノ・BS86)、吉田広樹(OTG DL 86)が続き、開幕戦のウィナー平中克幸(GY RACING 86)は9番手、ポールシッターの服部尚貴(OTG DL 86)は13番手に甘んじた。 


本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング