国内レース他 ニュース

投稿日: 2016.04.04 20:35
更新日: 2016.11.18 17:23

86/BRZ Race第1戦:服部の猛攻防ぎ、参戦2年目の平中シリーズ初優勝


国内レース他 | 86/BRZ Race第1戦:服部の猛攻防ぎ、参戦2年目の平中シリーズ初優勝

 4月2日〜3日、4シーズン目のTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceがツインリンクもてぎで開幕した。プロフェッショナルシリーズのポールポジションは服部尚貴(OTG DL 86)が獲得したが、決勝ではトップを維持できず。激しいトップ争いが繰り広げられるなか、最後に笑ったのは平中克幸(GY RACING 86)で、嬉しいシリーズ初優勝を飾った。クラブマンシリーズでは松原怜史(assetテクノBS 86)が優勝している。

 プロフェッショナルシリーズの開幕戦には36台がエントリー。スーパーGT500クラスからの引退を表明した脇阪寿一(ネッツ東京レーシング86)の参戦もあり、これまで以上に注目が集まっている。しかし、その寿一は初めてのナンバーつきワンメイクレースに合わせ込みが十分ではないようで、先に結果を言えば予選は32番手、決勝も26位に留まった。百戦錬磨のドライバーばかり集うレースだけに致し方ないとも言えるが、いずれ完璧にマスターして上位に食い込んでくるはずだ。

 金曜日に行われた専有走行では、平中が2分18秒500を記録してレコードタイムをコンマ8秒も更新する。しかし、限界はさらに高いところにあった。予選を先頭で開始した服部が、ワンアタックで2分17秒667を記録してポールポジションを獲得する。これもすべてより激化したタイヤウォーズの影響なのだろう。「遅れてコースインしたクルマに裏のストレートで引っかかってしまいました。90度コーナーをインから行かざるを得なくって、それがなければタイムはもうちょっと出たと思います。ただ、僅差なんでレースは厳しいかも」と服部。1秒以内に10人が並び、2番手の阪口良平(AREA86倉敷)にいたっては実に1000分の7秒差。「ギヤの調子が悪かったので、少しもったいない」と阪口。

 3番手には吉田広樹(OTG DL 86)がつけ、4番手は平中。以下、佐々木雅弘(assetテクノBS 86)、近藤翼(神奈川トヨタ☆DTEC86R)、元嶋佑弥(GY RACING 86)、蒲生尚弥(ASICS Blue 86)、山田英二(CUSCO BS 86)の順で、1秒差のしんがりには3連覇を目論む谷口信輝(KTMS 86)がつけることとなった。セッション後半からのアタックだった谷口ながら、「特にコンディションが悪くなっていたわけじゃなく……。厳しいね」とポツリ。 


本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング