国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.05.29 12:19
更新日: 2017.05.29 12:20

ポルシェカレラカップ・ジャパン2017 第5・6戦富士プレビュー


国内レース他 | ポルシェカレラカップ・ジャパン2017 第5・6戦富士プレビュー

ポルシェ カレラカップ・ジャパン 2017 第5-6戦 プレビュー

 東京.ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ・ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ・ジャパン 2017シリーズ第5-6戦を、富士スピードウェイ(静岡県)にて2017年6月3日(土)、4日(日)に開催いたします。

 今シーズンのポルシェ カレラカップ・ジャパン(PCCJ)は、6イベント全11戦が開催されるが、今回の第5-6戦は3イベント目。

 シーズンふたたび盤戦を迎え、タイトル争いでも重要なレースとなってくる。その第5-6戦の戦いの舞台となるのは前大会に引き続いて富士スピードウェイで、全長4.563㎞で、約1.5㎞のメインストレートに加えて、タイトなコーナーが連続するテクニカルセクションを持ち合わせた国際サーキットだ。

ジェントルマンクラスをリードする武井真司
ジェントルマンクラスをリードする武井真司

 前大会のレースでもポイントの一つとなったのが第1コーナーである。最終コーナーを立ち上がり、最高速が記録されるメインストレートでスリップストリームを使った争いが展開され、第1コーナーの進入でも2台が並んで進入していくバトルが見られた。

 今回のレースでも、ブレーキング勝負の激しい戦いが繰り広げられるだろう。また、コース後半はテクニカルセクションとなっており、ここではドライバーのマシンコントロールが勝負のポイントとなってくる。このように、スピードバトルとコーナリング勝負の両方を楽しむことができる。

 そして、今回のPCCJは富士のビッグイベントである「ザ・ワンメイクレース祭り 2017富士」のメインレースとして開催される。アジアやヨーロッパの強豪ドライバーが参戦するポルシェ カレラカップ・アジア(PCCA)も共催され、PCCJとPCCAのドライバーが腕を競うエキシビジョンレースも開催される。

 さらに今年は、多くのポルシェユーザーおよびポルシェファンの方々にポルシェ モータースポーツを体感していただくためのイベント「ポルシェ・エクスペリエンスデイ 2017」が実施される。

 ル・マンの帝王として有名なジャッキー・イクスによって、ポルシェ・ミュージアム所蔵のル・マン優勝車であるポルシェ936 MARTINIとポルシェ956 Rothmansのデモ走行が行われる。

PCCJスカラシッププログラムドライバーの上村優太
PCCJスカラシッププログラムドライバーの上村優太


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング