国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.07.04 11:20
更新日: 2017.07.04 11:21

ブリヂストン 2017年86/BRZ第4戦岡山 レースレポート


国内レース他 | ブリヂストン 2017年86/BRZ第4戦岡山 レースレポート

2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race [Professional Series]第4戦

不安定な天気に惑わされず佐々木雅弘圧巻の勝利

開催場所:岡山国際サーキット
開催日:2017年7月2日(日)~7月2日(日)

 スーパーGTの合同テストが金曜日と土曜日の2日間、鈴鹿サーキットで行われていたことに影響を受け、プロフェッショナルシリーズの予選と決勝は日曜日にワンデーで開催された。
 
 多くのドライバーが鈴鹿から岡山国際サーキットへと移動してきたのだが、結果として十分な事前のテストを行えないドライバーも少なくなかった。そこに梅雨の不安定な天候が拍車をかけ、雨とスケジュールに苦しめられることになった。

佐々木雅弘(小倉クラッチ REVO 86 BS)
佐々木雅弘(小倉クラッチ REVO 86 BS)

 土曜日の朝にはスコールのような雨が降り、路面のラバーをキレイに洗い流してしまった。木曜日までテストし、鈴鹿で合同テストに参加し、ぶっつけ本番で日曜日の予選に望んだドライバーは、路面コンディションの変化による影響が大きかったという。
 
 そうした不確定な要素から、意外性のある結果を生むような雰囲気があった。

●予選

 梅雨とは思えない、真夏のような強い日差しが照りつけた日曜日の朝、予選がスタートした。路面温度は45度まで上昇し、タイヤのコンディションを考えると一発勝負となることは明らかだった。
 
 真っ先にアタックに入ったのは、ここ岡山国際サーキット育ちである#47蒲生尚弥選手(ブリヂストン)だった。1分51秒319というタイムで、10位だった前日の占有走行よりも1秒5もタイムアップに成功し、初のポールポジションを獲得。
 
 今回は早めにアタックに入った#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)も、1分51秒387とわずかに届かずに2位。

●決勝レース

 いいスタートを切った蒲生尚弥選手だったが、それを上回るスタートを決めたのが佐々木雅弘選手だった。蒲生尚弥選手もまた追いすがるが、バトルは2コーナーまでだった。
 
 それからは毎ラップ0.3秒前後、少しずつ佐々木雅弘選手がリードを拡げていく。しかしそれは淡々としたものではなく、極めて緊張感のある戦いに見えた。

 その後方では3位争いが激化していた。その要因のひとつは、レース開始前に雨が降ったことだ。
 
 2時間前に行われたクラブマンシリーズの決勝Aレースでは、レース途中の8周目から雨が降り始めた。そのためタイヤの内圧をドライなのか? ウエットなのか? それともその中間なのか? 選手とチームは頭を悩ますことになった。
 
 そして勝つために雨が降ることに賭けたのが新田守男選手と阪口良平選手だった。しかしレースは快晴で路面温度も高く、ふたりは苦しむことになる。
 
 新田守男選手は6周目、#31青木孝行選手(ブリヂストン)と#76小河諒選手(ブリヂストン)の2台に一気にオーバーテイクを許し5位に。阪口良平選手は最終的に9位にまでポジションを落した。

優勝した佐々木雅弘
優勝した佐々木雅弘

 佐々木雅弘選手は今シーズン2勝目を挙げ、シリーズランキングでもトップへ浮上した。2位には蒲生尚弥選手、3位には3年ぶりの参戦となる小河諒選手となり、ブリヂストン装着車両が表彰台を独占した。

●コメント

優勝した#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)

「一周も手を抜かず、全周回でフルプッシュしたレースでした。スタートで上手く蒲生尚弥選手(ブリヂストン)を抜くことができたのですが、プライベートでも仲がいいし、気心も判っているので、2コーナーまでの短い間だったけど、お互いにスペースを確保しながらいいバトルができたと思います」

「その後も毎周ファステストラップを更新し続けようという気持ちで走りました。そのドライビングに、ブレーキパッドも、もちろんブリヂストンタイヤも、マシンがしっかりと応えてくれて、それがこのレース結果につながったと思います。去年チャンピオンを取った時より、嬉しいです!」


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング