国内レース他 ニュース

2017.08.04

ThreeBond Racing 2017全日本F3選手権 第7大会 ツインリンクもてぎ レースレポート


国内レース他 | ThreeBond Racing 2017全日本F3選手権 第7大会 ツインリンクもてぎ レースレポート

2017年8月4日

 7月29日~30日、全日本F3選手権シリーズ第7大会(第14戦、第15戦、第16戦)が、栃木県ツインリンクもてぎにて、土曜日に第14戦、日曜日に第15戦と第16戦が開かれる3レース制で開催された。1大会3レース制の今回は、公式予選で記録したベストラップタイムにより第14戦、セカンドベストタイムにより第15戦、第14戦決勝レースの順位により第16戦のスターティンググリッドを決定するという規則で公式予選が行われた。

公式予選

 土曜日は朝から曇天となったが、気温は28度と蒸し暑い。公式予選は午前10時10分から始まった。1大会3レース制の今回、使用できるタイヤは予選決勝を通して3セット。ツインリンクもてぎはオーバーテイクが難しいコースで、スターティンググリッドはいつも以上に重要な意味を持つため、チームは予選に2セットのニュータイヤを配分、2回のタイムアタックを行い、1セットを決勝レースのために温存する作戦をとった。

 1セット目のニュータイヤをはいたアレックス・パロウはセッション開始直後からウォームアップしてタイムアタックを行い、1分45秒017を記録したが、その後#1坪井翔選手、#36宮田莉朋選手がこのタイムを上回り3番手となる。パロウはタイムアタックを続けたが順位は変わらず、その後#23高星明誠選手がこのタイムを上回ったため4番手となった。

 ここでパロウは1セット目のタイムアタックを終えてピットへ帰還。この時点で順位は4番手。チームはマシンに2セット目のニュータイヤを装着したが、その他のセッティングは変更せず、伊与木が「ウォームアップをもう1周多く」とだけ指示を与えるとコースインのタイミングを待ち、30分のセッションが残り10分となったところでコースへ送り出した。

 パロウはアタックするポジションを選びながらタイヤをウォームアップ、4周目に自己ベストの1分44秒600を記録、トップに立った。しかし直後に坪井選手がファステストタイムを更新しパロウは2番手となった。アタックを続け、1分44秒632を記録したがセッション終了直前に高星選手がタイムを上回ったため、パロウは3番手でセッションを終えた。

 この結果、ベストタイムで決まる第14戦のスターティンググリッドは3番手と決まったが、セカンドベストタイムで決まる第15戦のスターティンググリッドは、最後に記録した1分44秒632が採用されて2番手となった。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
月中秋実(つきなかあきみ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング