国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.10.24 18:51

86/BRZ:ブリヂストン 2017年第9戦鈴鹿 レースレポート


国内レース他 | 86/BRZ:ブリヂストン 2017年第9戦鈴鹿 レースレポート

2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race [Clubman Series] 第9戦

庄司雄磨が雨を制してポールポジションを獲得

開催場所:鈴鹿サーキット
開催日:2017年10月21日(土)~2017年10月21日(土)

 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの第9戦は、10月21日三重県鈴鹿サーキットで開催された。2014年以降、シリーズの最終戦という位置だったが、今シーズンは12月上旬のTOYOTA GAZOO Racing FESTIVALに最終戦の舞台を譲り、最終戦直前となった。
 
 前半のタイトなコーナーが続くテクニカルコースと、後半の高速コーナーが続くハイスピードコースの、2つを併せ持つ鈴鹿サーキットは、ドライバーの経験とテクニックが試される難コース。そして、今回はそこに、台風の影響による雨と風というコンディションが加わることが予想された。
 
 エントリー台数は87台。鈴鹿サーキットのフルグリッドは40台なので、決勝Aレースと決勝Bレースの2つのレースを設定しても、まだ7台が予選落ちする計算だ。
 
 シリーズチャンピオン争いは#38神谷裕幸選手(YH)が王手をかけた状態で、ランキング2位の#500小野田貴俊選手(YH)や3位の#771菱井將文選手(ブリヂストン)は残り2戦で2連勝が必須条件、ランキング4位の#84橋本洋平選手(ブリヂストン)の場合には単なる2連勝ではなく、ポールポジション+ファステストラップという加点も必要になる。
 
 つまり、その3人以外が優勝した場合、神谷裕幸選手のシリーズチャンピオンが決まる。
 

<予選>

 2組に分けて行われた予選、鈴鹿の空からは強い雨が降り注いでいた。予選1組は、シリーズランキング上位の強豪が数多く並んでいた。最初にトップタイムをマークしたのは#75手塚祐弥選手(ブリヂストン)で、2分48秒624というタイムは、雨は上がったものの路面はウエットだった前日の専有走行よりも15秒以上遅かった。

大阪トヨタ86レーシング BS
大阪トヨタ86レーシング BS

 
 それだけ路面コンディションが悪かったということだ。そのタイムを#126 庄司雄磨選手(ブリヂストン)が上回り、小野田貴俊選手が更新、最終的には庄司雄磨選手が2分47秒209で再逆転して、予選1組を制した。
 
 予選2組は、予選開始2周目、まだ誰もタイム計測できない段階で赤旗中断。再開したものの雨足は強まりつつあり、さらにコンディションは難しくなった。そこでトップに踊り出たのは鈴鹿をホームコースとしている#305 水野大選手(YH)で、タイムは2分50秒189。#886河村直樹選手(ブリヂストン)がアタックを続けるもわずかに届かずに2位。
 
 その結果、ポールポジションは庄司雄磨選手が獲得した。その他のブリヂストン装着勢の予選結果は、河村直樹選手が4位、手塚祐弥選手が5位となった。

<決勝レース>

 土曜日に行われた決勝Bレースでは、強い雨の中で#567田中良平選手(YH)が優勝。しかし日曜日のレーススケジュールについては、台風の接近による影響を総合的に判断し、中止となった。

<コメント>

クラブマンシリーズでポールポジションを獲得した#126 庄司雄磨選手(ブリヂストン)のコメント
「この週末はずっと雨で、走るたびにコンディションが変わってしまう状況でした。それでセットアップも特別変えてはいないのですが、ポールを獲ることができました」

「本当に滑りやすくて、ジワリジワリとグリップを確認しながら走る、という感じでした。明日も雨の予報ですけど、前に誰も居ないところからスタートできるので、レースを楽しみたいと思います」

※このコメントは予選終了後、翌日の決勝レースが中止になる前のものです。


関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
兎咲香(とざき かおり)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング