国内レース他ニュース

2017.12.13

スーパーFJ:Le Beausset Motorsports 2017日本一決定戦 レースレポート


2位表彰台を獲得した小倉祥太

日本一決定戦で、小倉祥太が大接戦の末、2位表彰台!
スタートで接触があった上田裕也も、しぶとく完走

S-FJ日本一決定戦
12月9日(土)~10日(日)鈴鹿サーキット5.807km

 ル・ボーセモータースポーツが挑むカテゴリーのひとつ、スーパーFJの日本一決定戦が、12月9(土)~10日(日)に、鈴鹿サーキット(三重県)で開催され、小倉祥太と上田裕也が出場した。
 
 これまで、もてぎシリーズに参戦してきたふたりだが、小倉は開幕からすべてポール・トゥ・ウィンで4連勝を飾りチャンピオンを獲得。10月のF1日本GPのサポートレースとして開催されたドリームカップでは、初めての鈴鹿でのレースながら、一時トップを走行し、見事2位表彰台を掴むなど地元のライバルを相手に速さを見せた。
 
 一方の上田も、もてぎシリーズは第3戦からのエントリーとなったため、2戦の出場になったが、3位、4位と連続入賞を果たし、小倉と切磋琢磨しながら経験を積んだ。
 
 そんなふたりが挑む今回の日本一決定戦、各シリーズの強者たちも出場するなかで、ふたり揃って表彰台を勝ち取ることが期待された。また、日本一決定戦は例年どおりトーナメント形式で開催され、A・Bのグループ分けのもと予選、6周によるレース(第1レグ)を行い、第1レグを勝ち上がったものがファイナルレースを争う。

予選

12月9日(土)
天候/曇り コース状況/ドライ

 このレースウィークの走り始めは金曜日からで、20分間のセッションが2本と、少ない走行時間となったが、各々鈴鹿の走り方を確認しながら周回を重ね、土曜日は前日の雨の影響で、ところどころウエットパッチを残す路面状況のなか、A・Bの2グループに分けられたBグループから小倉、上田ともに予選に挑んだ。
 
 タイヤに熱を入れ、タイミングを見定めながらのアタックで小倉はトップに浮上すると、コンディションの向上とも合わせてタイムを刻み続ける。ラストアタックこそシケインでのオーバーランがあり、チェッカーを受けずピットに戻ることとなったが、最後までトップを守り続けた結果、Bグループのポールポジションを獲得する。
 
 上田も順調にタイムを縮めていったが、途中130Rでスピンがあり、マシンにダメージこそなかったが、コースアウトして砂利を拾ってしまったため、一度ピットに戻って清掃。再度コースインして、ラストアタックで7番手を獲得し、午後からの第1レグはふたり揃ってシングルからのスタートとなった。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats/2018SGT
川崎りん(かわさきりん)

Photo Ranking

フォトランキング