国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.03.13 10:58
更新日: 2018.03.13 10:59

スーパーFJ:Le Beausset Motorsports 第1戦もてぎ レースレポート


国内レース他 | スーパーFJ:Le Beausset Motorsports 第1戦もてぎ レースレポート

Le Beausset Motorsports

S-FJ
第1戦 3月11日(日)
ツインリンクもてぎ 4.801km

新加入の神晴也が圧勝
上田裕也も続いて1-2フィニッシュ達成!

 ル・ボーセモータースポーツはスーパー耐久とFIA-F4、そして原点でもあるカテゴリー、スーパーFJのもてぎシリーズに今シーズンも参戦する。その最初の幕となったスーパーFJはアカデミードライバーとして17歳の神晴也と2年目で18歳の上田裕也を擁して挑むこととなった。

 年末恒例のスーパーFJ日本一決定戦は、ツインリンクもてぎで開催されることから、ここで早々に強さ、速さを示すことは全国のライバルから、一目置かれるようになることも意味している。それだけに、ただ結果を残すのではなく、内容の濃いレースがふたりのドライバーには求められた。

予選
3月11日(日)
天候/曇り
コース状況/ドライ

 早朝一番のスタートとなった予選は、ドライコンディションではあったものの、まだ冬めいた低めの気温の下での計測となった。それだけに、まずは入念にウォームアップを行なった後にアタックを開始した。

 早々と2分6秒台に入れた神は、その2周後には5秒台に入れ、周を追うごと順調にタイムを刻んでいく。そして間もなく計測終了というタイミングで、セクター3まで他を圧するタイムを記していたものの、90度コーナーでわずかにリヤが流れてしまう。それでも最小限のロスに留めたことから、2分4秒670をマークし、スーパーFJ初レースで神はポールポジションを獲得した。

 一方、上田はセッション半ばに2分6秒台に入れたものの、そこからの伸びはごくわずか。シフトミスが原因ではあったものの、ラスト2周のアタックをしっかりまとめ、2分6秒187を記して2番手につけて、チームメイトとフロントローに並んで決勝に挑むこととなった。


本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング