国内レース他ニュース

2018.04.05

ピレリタイヤ歓迎の声多数。豊田社長も登場/スーパー耐久第1戦トピックス


第1戦決勝日にサーキットへ姿を現した豊田章男トヨタ自動車社長

■ホンダ・シビック・タイプR TCR、国内デビューウイン

第1戦では7台が参戦したST-TCRクラス。内訳はアウディRS3 LMSが3台、VWゴルフGTI TCRが1台、そしてホンダ・シビック タイプRが3台(昨年モデルのFK2型が1台、今年モデルのFK8型が2台)。

FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR
FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR

 特に注目されたのは新型FK8だが、98号車の加藤寛規によれば「去年のクルマに比べると少しマイルドになって、ジェントルマンドライバーにも優しいクルマになったという印象」のようだ。

FK8型のホンダ・シビック・タイプR TCRが国内デビューウイン。これが同モデルにとって世界初勝利となった
FK8型のホンダ・シビック・タイプR TCRが国内デビューウイン。これが同モデルにとって世界初勝利となった

 TCR車両にはスプリント用と耐久用の2タイプが用意されており、S耐に投入されたのはもちろん耐久用で、今回は97号車が逆転でデビューウインを果たした。昨年も予選ではアウディの後塵を拝しトラブルを抱えながらも、決勝レースでは強いところを見せてタイトルを獲得した。さて今年も活躍を見せてくれるのか?

 また、FK8型シビック・タイプR TCRにとっては、これが世界初勝利。マシンを生産するJASモータースポーツも祝福のメッセージを発信している。

■トヨタ豊田章男社長現る

 1日の決勝日にはトヨタ自動車の豊田章男社長が突然サーキットに現れた。今回、長男の豊田大輔がトヨタ86のドライバーとしてS耐でレースデビュー。その応援もあったのだろうが、TOYOTA GAZOO Racingのドライバーたちが所属するチームへも足を運んで、記念写真を撮影したりと終始ご機嫌だった。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング