国内レース他ニュース

2018.04.07

ポルシェカレラカップジャパン2018 第1戦岡山 決勝レポート


PCCJ第1戦オーバーオール表彰台

プレスインフォメーション 2018年4月07日

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2018 第1戦(岡山)決勝レポート

 岡山県美作市. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2018シリーズ第1戦の決勝を、岡山国際サーキット(岡山県)で2018年4月7日(土)に開催いたしました。

天候:曇り 路面:ドライ 気温:5度/路面温度:10度

 今年で18年目を迎えた2018年のPCCJ開幕戦となる岡山は、新たに導入されたタイプ991Ⅱ型の911 GT3 Cupのデビューレースとなった。水平対向6気筒 エンジンは 3.8リッターから4 リッターへと変更され、最高出力は460psから 485psへとアップ。新たにアンチロック・ブレーキシステム(ABS)を採用するなど安全面も含め大きな進化を遂げているため、どのようなパフォーマンスをレースで見せるのか注目された。

ポルシェカレラカップジャパン2018 第1戦岡山 決勝スタート
ポルシェカレラカップジャパン2018 第1戦岡山 決勝スタート

 開幕戦でポールポジションを獲得したのは、予選でPCCJ岡山のコースレコードを更新したPCCJジュニアプログラムドライバーである#18 上村優太。2番手は2016年のPCCJシリーズチャンピオンである#78 近藤翼、3番手は昨年PCCJ史上初のオーバーオール(総合)とジェントルマンクラスのダブルチャンピオンを獲得した#9 武井真司、4番手は2014、16年ジェントルマンクラスチャンピオンの#7 星野敏と、チャンピオン経験者が続く。

片山義章(ポルシェ ジャパン ジュニア)
片山義章(ポルシェ ジャパン ジュニア)

 決勝レース前に降り出した雨は一度止むも、コースイン直前に再び雨が降り出す。そのためコースは再びウエット状態となり、スリックタイヤでコースインしたマシンはグリッド上でウエットタイヤへの交換作業を行う。しかし、今年のPCCJジュニアプログラムドライバーである#19 片山義章のみタイヤ交換作業を行わず、スリックタイヤのままレースに挑む。

 16時30分、フォーメーションラップを経てレースのスタートが切られるとポールポジションの#18 上村がトップで1コーナーを抜けていく。だが、2番手の#78 近藤はスタートに失敗し、#9 武井、#7 星野に抜かれて4番手にポジションを落としてしまう。この1周目に後方でアクシデントが発生してセーフティカーが導入され、911 GT3 Cupは隊列を組み周回を重ねていく。

 4周目にセーフティカーがピットロードへと戻りレースは再開。トップの#18 上村はポジションをキープするが、2番手の#9 武井は思ったようにペースが上がらず6周目に#7 星野がオーバーテイク。#7 星野はその勢いで#18 上村を追いかけて背後まで迫るが、この2台を猛烈な勢いで追い上げるマシンがあった。スリックタイヤでスタートしたため序盤は大きく順位を落とすも、路面が徐々に乾き出した頃にはトップ勢より5秒以上速いラップタイムを刻んでいた#19 片山だ。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
霧島聖子(きりしませいこ)

Photo Ranking

フォトランキング