国内レース他 ニュース

2018.04.26

三浦愛 全日本F3選手権第1ラウンド鈴鹿 レースレポート


国内レース他 | 三浦愛 全日本F3選手権第1ラウンド鈴鹿 レースレポート

Japanese Formula 3 Championship
EXEDY B-Max Racing team Race Report2018
全日本F3選手権Rd.1、Rd.2

■開催日時:2018年4月21日(土)、22日(日)
■開催サーキット:三重県・鈴鹿サーキット(1周5.807km)
■大会名:SUZUKA 2&4 RACE
■同時開催イベント:SUPER FORMURA、全日本ロードレース選手権JSB1000、N-ONEオーナーズカップ

2018年4月21日(土)晴れ
全日本F3選手権第1戦、第2戦
鈴鹿サーキット/5.807km
参加台数14台

#3 三浦愛 予選結果 第1戦:10位/1分54秒260 第2戦:10位/1分54秒292

 夏を彷彿とさせる快晴の下、全日本F3選手権が鈴鹿サーキットで開幕。この日は第1戦、第2戦のグリッド順を決める予選が行われ、B-MAX Racingの三浦愛選手は今シーズンのスタートを切った。第1ラウンドの予選方式は、30分間のタイムアタックでマークされたベストタイムが第1戦のグリッド、セカンドベストが第2戦のグリッドに反映されるというもの。
 
 定刻より10分遅れの午前11時45分、ドライコンディションの下で予選がスタートした。シグナルがグリーンになるとほぼ全台がコースに入り、まずはファーストランが行われる。三浦選手も2周のウォームアップを経てアタック。だが、ここでトラフィックに遭ってしまい続く2周目のアタックではデグナーでミス。ともに万全なアタックを行うことができずベストタイムは56秒台に留まってしまう。
 
 ニュータイヤへと交換し、セカンドランに託すしかない場面だった。しかし赤旗など以後のアクシデントの可能性を考え、三浦選手はさらにもう1周アタック。ここで1分54秒847をマークし、ピットへと戻った。セッションが残り10分となると各マシン、セカンドランに入る。満足のいくアタックがまだ行えていない三浦選手もここでコースイン。前半とは手順を変え、今回は計測2周目から連続でアタックに行く。
 
 そしてタイヤの温まりが充分ではなかった最初のアタックでは1分55秒290に留まるも、翌周は1分54秒260、ラストアタッでは1分54秒292と、54秒台前半のタイムを2本揃えることに成功。前半からひとつ順位を上げ第1戦、第2戦ともに10番グリッドからレースに挑むことになった。得意のスタートでジャンプアップし、その後順位を守るという、昨年何度も見せた粘りのレースでの開幕戦入賞に期待がかかる。

三浦愛(EXEDY B-Max Racing team)
三浦愛(EXEDY B-Max Racing team)

 

■三浦愛選手コメント

「オフに走りこめなかったこともあり、今の時点ではこれが自分のベスト。課題はドライビングなので、そこはレース中に改善していくしかない。今後も徐々に実戦のなかでその差を埋めていきたいと思います。でもこの時点でいえば去年よりは手ごたえを感じています。レースペースには自信があるので、明日はまず得意のスタートを決めて、入賞目指して頑張ります」


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング