国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.05.10 22:33
更新日: 2018.05.10 22:37

ポルシェカレラカップ ジャパン2018 第4戦富士 決勝レポート


国内レース他 | ポルシェカレラカップ ジャパン2018 第4戦富士 決勝レポート

ポルシェカレラカップ ジャパン 2018 第4戦(富士)決勝レポート

小山町.ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェカレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップ ジャパン 2018シリーズ第4戦『モービル1チャレンジ』の決勝を、富士スピードウェイ(静岡県)で2018年5月4日(金・祝)に開催いたしました。

天候:晴れ 路面:ドライ 
気温:20度/路面温度:37度

 PCCJ第4戦は、ポルシェ カレラカップシリーズのグローバルパートナーであるモービル1の名を冠した『モービル1チャレンジ』として開催された。ポールポジションからスタートするのは、前日の第3戦と同じくジェントルマンクラスの#98 IKARI。
 
 2番手は2016年PCCJシリーズチャンピオンの#78 近藤翼、3番手はPCCJジュニアプログラムドライバーの#18 上村優太、4番手はスーパー耐久シリーズのST-Xクラスでチャンピオン獲得経験のあるPCCJルーキーの#34 内田優大、5番手は昨年PCCJ史上初のオーバーオール(総合)とジェントルマンクラスのダブルチャンピオンを獲得した#9 武井真司、6番手は2014年と2016年のPCCJジェントルマンクラスチャンピオンである#7 星野敏と、オーバーオールの強者ドライバーが上位グリッドに顔を揃える。

 決勝当日は風がやや強いものの朝から青空が広がり、午後12時からのフォーメーションラップを経て全車が整列するとシグナルがブラックアウトとなりレースがスタート。好スタートを決めたのは3番手グリッドの#18 上村で、1コーナーを制してトップに立つ。
 
 このまま2番手以降を引き離しに掛かりたいところだが、2番手の#78 近藤は約1秒後方からチャンスを伺う。周回を重ねる毎にその差は縮まり、6周目には0.803秒差、8周目には0.596秒差に。#18 上村はファイナルラップの第3セクターでミスを喫してあわやという場面もあったが、かろうじて#78 近藤の追い上げを抑えきりトップでチェッカーを受ける。

近藤翼の追撃を振り切って優勝した上村優太


本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング