国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.05.30 10:24
更新日: 2018.05.30 15:02

三浦愛 全日本F3選手権第2ラウンドSUGO レースレポート


国内レース他 | 三浦愛 全日本F3選手権第2ラウンドSUGO レースレポート

2018 Japanese Formula 3 Championship

EXEDY B-Max Racing team
Race Report

全日本F3選手権Rd.3、Rd.4

■開催日時
2018年5月26日(土)、27日(日)
■開催サーキット
宮城県 スポーツランドSUGO
(1周3.704256km)
■大会名
2018 Japanese SUPER FORMURA Championship ROUND3
■同時開催イベント
SUPER FORMURA、SUPER FJ SUGO
N-ONEオーナーズカップ

2018年5月26日(土)晴れ
全日本F3選手権第3戦、第4戦
スポーツランドSUGO/3.704256km
参加台数14台

#3 三浦愛 予選結果 第3戦:12位/1分15秒696 第4戦:8位/1分15秒815

 開幕ラウンドから1ヵ月のインターバルを経て、全日本F3選手権はスポーツランドSUGOで第2ラウンドを迎えた。予選と第3戦決勝が行われるこの日、SUGOの上空は爽やかな青空が広がる絶好のコンディション。午前10時20分、まずは第3戦、第4戦のグリッド順を決める予選がスタートした。

 木曜、金曜と行われた占有走行では「クルマのバランスに悩み続けたものの、最後にはある程度の手ごたえを掴むことができた」と語っていた三浦選手は、開始からすぐにコースに入ると2周のウォームアップ後アタックに入る。そして最初のアタックでまずは前日まで果たせなかった15秒台に入れると、翌周は1分15秒696にタイムアップ。

 この時点で8位となるが、アタック中に前でコースアウトするマシンが現れるなど、これは三浦選手にとって決して満足のいくアタックではなった。そして2セット目のタイヤを投入しセカンドアタックで勝負をかけようと、一旦ピットへと戻った。

 全車が2セット目のアタックを行ったことで、残り10分となるとコース上は賑やかになった。三浦選手はインターバル間にセット変更を行わず、タイヤのみ新品に替えコースイン。クルマの状態から、14秒台をマークできる自信を持っていた。

 ところがコースイン後2周のウォームアップを経てアタック周回に入った直後、1台がクラッシュしセッションは赤旗中断に。予選はそのまま終了となり、三浦選手は結局セカンドアタックを行えないまま終えることになった。結果は第3戦が12位、第4戦が8位となった。

■三浦愛選手コメント

「赤旗が出たときはアタックに入っていて自己ベスト更新は確実だと思っていたので、不完全燃焼の予選でした。持ち込みのセットから二日間いろいろと手を加えた結果、最後にようやく良いバランスを見つけることができ、コンディションも良かったので期待していたのですが残念です」

「でもポテンシャルとしては、レースで前の集団についていく自信があります。SUGOは抜けないコースなので、決勝ではスタートでしっかり順位を上げていきたいと思います」


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング