国内レース他 ニュース

投稿日: 2016.12.05 18:03
更新日: 2016.12.06 10:22

ロータスカップ・ジャパン2016 第6戦富士 レースレポート


国内レース他 | ロータスカップ・ジャパン2016 第6戦富士 レースレポート

2016/12/05
エルシーアイ株式会社

ロータスカップ・ジャパン2016第6戦レポート

■予選

「LOTUS Cup Japan」、2016年シーズン最終戦が12月3日(土)、静岡県・富士スピードウェイで開催された。今シーズン、富士でのレースは3回目となるが、シーズン締めくくりのレースにクラス1は10台、クラス2が1台、クラス3が2台と、合計13台のエントリーが集まった。

 前戦鈴鹿を終えて、クラス1 #8長谷川憲幸選手、クラス2 #47飯田敏雄選手のタイトルが決定。唯一クラス3のみが最終戦までタイトル争いが持ち越されることになった。そして、クラス2王座を手にした#47飯田選手がクラス1へのエントリーを決めている。また、クラス1ランキング2位につけている#55草野誠二選手は参戦をスキップした。

 8時25分から20分間の予選がスタート。この段階で#36新井雅貴選手がリタイアを決めたため、12台での予選となっている。

 開始早々、好タイムを記録したのはクラス1王者の#5長谷川選手。いきなりロータス・カップのコースレコード、1’55.569を大きく上回る1’55.321を叩き出した。前戦鈴鹿で初表彰台を手にした#5滑川真央選手が1’56.546、クラス1初参戦の#47飯田選手が1’56.936で続く。

 予選前半10分を終えて、トップの#8長谷川選手、2番手タイムの#5滑川選手がピットへ。ここで、「今回はしっかり練習をこなしてきた」と語っていた#15荒田良浩選手が、1’56.012のタイムで2番手に駆け上がる。さらに残り5分となった段階でここまで静観していた#2加藤寛規選手が遂に動き出す。

 #2加藤選手は最初のアタックラップで1’55.416を記録して2位に飛び込むと、直後のラップでは1’55.129のベストタイムをマーク。#8長谷川選手を抜いてポールポジションを獲得した。

 この結果、2位に#8長谷川選手、3位に#15荒田選手、4位に#5滑川選手のオーダーで予選を終えている。クラス2唯一の参戦となった#82川端聖史選手は2’05.604のタイムを記録。クラス3は#16秋葉有一選手が#4大屋彰利選手に大差をつけて予選トップを手にしている。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング