投稿日: 2021.08.02 11:07
更新日: 2021.08.02 11:11

大工の経験を活かし、創作性あふれるオリジナルパーツでタイム向上を狙う/JAF-F4の魅力を探る


国内レース他 | 大工の経験を活かし、創作性あふれるオリジナルパーツでタイム向上を狙う/JAF-F4の魅力を探る

 国内で唯一、開発競争があるミドルフォーミュラ『JAF-F4』。とはいえ、どのようなカテゴリーなのか、その実態を詳しく知る方はそう多くないのではないだろうか。auto sport本誌では昨年に引き続き、2021年もJAF-F4の魅力を探る『2021 JAF-F4 PADDOCK NEWS』を掲載する。

 JAF-F4はF3とFJ1600の間を埋めるカテゴリーとして1993年に誕生し、20年以上の歴史を持つミドルフォーミュラ。古くは道上龍に始まり、塚越広大、平川亮なども、JAF-F4を経て国内最高峰の舞台へと駆け上がっていったドライバーたちだ。近年でも角田裕毅や牧野任祐、大湯都史樹らがJAF-F4からトップカテゴリーへとステップアップを果たしている。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TWSプリンセス
涼野はるか(すずのはるか)