国内レース他 ニュース

投稿日: 2022.06.18 20:25
更新日: 2022.06.18 20:46

3回のSC、1回の赤旗と荒れた全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第10戦は小高一斗が制す


国内レース他 | 3回のSC、1回の赤旗と荒れた全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第10戦は小高一斗が制す

 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4大会は6月18日(土)、宮城県のスポーツランドSUGOで第10戦の決勝レースが行われ、セーフティカーが3回、赤旗中断1回という荒れた展開のレースを小高一斗(Kuo モビリティ中京 TOM’S 320)が制した。2位はスタートで順位を落としながら追い上げた平良響(Kuo モビリティ中京 TOM’S 320)で、TOM’Sがワン・ツーとなった。3位は平木玲次(HELM MOTORSPORTS 320)で、チームに初表彰台をもたらした。


関連のニュース