国内レース他 ニュース

2016.04.11

ポルシェ カレラカップ ジャパン第2戦 決勝


国内レース他 | ポルシェ カレラカップ ジャパン第2戦 決勝

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2016 第2戦 決勝レース レポート

岡山国際. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン (PCCJ) 委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2016 第2戦 決勝レースを岡山国際サーキット(岡山県)にて、2016年4月10日(日)に開催いたしました。

天候:曇り 路面:ドライ

4月10日(日)午前、Porsche Carrera Cup Japan(PCCJ)第2ラウンド決勝が行なわれた。ほぼ満席状態のグランドスタンドの前に18台のエントリー車両すべてが整列し、1周のフォーメーションラップの後、2016年最初のPCCJ決勝レースが始まった。

昨日の公式予選で記録したセカンドベストタイムに応じて決定されるスターティンググリッドは、ポールポジションが#78近藤 翼、続いて#36坂本祐也、#14三笠雄一、#9武井真司という土曜日の第1ラウンドと同じもの。ジェントルマンクラスも#7星野 敏、#32永井秀貴、#2田島 剛、#6米倉正憲のオーダーでレッドシグナル点灯を待った。

ポールポジションから今回もスムーズなスタートを決めたのが#78の近藤。スタート自体はうまくいかなかったというものの2番手の#36坂本は早いうちから3番手#14三笠との間に充分なマージンを作ることに成功し、近藤追撃態勢を整えた。1-2位のギャップは時には1秒以上離れることもあったものの、ラップによってはテールツゥノーズまで追い上げることもあり、息を飲む攻防となった。ジェントルマンクラスでは#7星野が序盤のうちに#32永井を安定して引き離しながらオーバーオールクラスを追いかけることになった。

レース序盤に#66ブライアン リーと#51ポール イップが第一コーナーで接触して2台ともコースアウトを喫するなど、多少の波乱はあったものの、中盤で落ち着いた各車の位置関係は単独スピンがいくつかあった程度で、レースの展開そのものに大きな波乱はない。そんな状況で第1戦とは明らかに異なるハイペースで走るマシーンが2台あった。それが#6米倉正憲と#24剛 覇矢人である。スーパーFJやFIA F4などフォーミュラカーでレースキャリアを積んできた米倉は今回の岡山ラウンドがPCCJ初参戦だが、第1戦ではやくもカレラカップカーの特性を把握したのか、落ち着いたドライビングでジェントルマンクラス2位を走る#2田島のテールを追いかけていく。一方の剛はブレーキング時の安定性がコースサイドから見ていても明らかに向上している様子で、ジェントルマンクラスの第2グループの中で、ひとつ前のポジションを走る#25内山とテールノイズの接近戦をたびたび繰り広げ、時には軽い接触もあったが、最後まで見応えのあるレースを展開した。

最終的な順位に大きな変化はなく、オーバーオールでは近藤が2連勝を飾り、ジェントルマンクラスでは堤が2年ぶりの優勝を遂げてPCCJ第2戦はフィニッシュを迎えた。

ポルシェ カレラカップ ジャパン2016第2ラウンド 第3-4戦は5月3〜4日、富士スピードウェイで行われる予定です。

Pos./Car#/Driver/(Class)/Car/Name/Time
1/78/近藤 翼/O/スカイレーシング/23’41.990
2/36/坂本 祐也/O/ミツワオートGT3カップ/+1.086(トップとの差)
3/14/三笠 雄一/O/ガーミンポルシェ/8.061
4/9/武井 真司/O/BINGO RACING/16.721
5/7/星野 敏/G/D’station 991/21.974
6/2/田島 剛/G/タジマレーシング/22.531
7/6/米倉 正憲/G/G Racing/28.848
8/25/内山 清士/G/エヌケーレーシング/34.383
9/24/剛 覇矢人/G/みきゃん スペンダー GT3/34.936
10/77/浜崎 大/G/GRacingVentiler/36.948
11/32/永井 秀貴/G/ナインレーシング/43.184
12/47/TAD JUN/JUN muta racing/54.237
13/66/ブライアン リー/G/GTO Racing/55.289
14/51/ポール イップ/G/PACE/1’21.717
15/52/春山 次男/G/はるやまRacing TEAM/1LAP
16/10/齋藤 真紀雄/G/BINGO RACING/1LAP
17/99/佐野 新世/G/SKAD PORSCHE/1LAP
18/98/IKARI GOTO/G/TOEI SPIRIT 991/2LAP
——- 以上完走——-
*G=ジェントルマンクラス


関連のニュース

国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング