レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1ドライバー

F1 | ジョージ・ラッセル(George Russell) 2022年

    ジョージ・ラッセル(George Russell)

    イギリス /

    ゼッケンNo. :63

    ●国籍:イギリス
    ●生年月日:1998年2月15日(24歳)
    ●身長/体重:185㎝/66㎏

    ジョージ・ラッセル関連ニュースまとめ

    2021年成績
    ●出走:22回
    ●優勝:0回
    ●表彰台:1回
    ●入賞:4回
    ●完走:18回
    ●PP:0回
    ●FL:0回
    ●ドライバーズランキング:16ポイント/15位

    通算成績
    ●F1デビュー:2019年第1戦オーストラリアGP
    ●在籍チーム:ウイリアムズ(2019~20年バーレーンGP)→メルセデス(20年サクヒールGP)→ウイリアムズ(2020年アブダビGP〜21年)→メルセデス(22年)
    ●出走:60回
    ●優勝:0回
    ●PP:0回
    ●FL:1回
    ●表彰台:1回
    ●入賞:5回
    ●ドライバーズ選手権最上位:15位(2021年/ウイリアムズ)

    ■ジョージ・ラッセル プロフィール

     カート競技を始めたは8歳。最大で4歳年長のドライバーたちがいる、『カデット』クラスに参戦した。

     デビューシーズンから上位ランキングの争いに加わり、3年目となった2008年に初タイトルを獲得する。カデットクラス最終年となった翌09年は、英国の国内選手権で3冠を達成した。

     10年は『ジュニア』クラスに上がり、またも3選手権を制覇。これによって、11年からジュニア最高峰となる『KF3』クラスに昇格した。

     11年にまたタイトル獲得をひとつ伸ばすと、12年からは国際舞台への本格参戦を開始。KF3ヨーロッパ選手権、同ウインターカップをともに制した。13年はトップカテゴリーの『KF1』で世界選手権にエントリーも、ここではランキング下位に沈む。

     14年からフォーミュラレース転向。フォーミュラ・ルノー・アルプス選手権、英国F4の2カテゴリーを走った。アルプス選手権は途中体調不良による1ラウンド欠場もあってランキング4位に留まるも、英国F4は5勝を挙げてチャンピオンとなる。この年はフォーミュラ・ルノーのユーロカップにも2ラウンドのスポット参戦があり、計4レースで1度ポール・トゥ・ウインを決めている。

     英国F4のタイトル褒賞として、シーズン後にGP3テストに参加。また、マクラーレン・BRDC(英国レーシングドライバーズクラブ)・オートスポーツ賞も受賞、英国内の最優秀若手ドライバーに選出された。この副賞としては翌15年、マクラーレンの11年型でF1初ドライブの機会が与えられている。

     GP3のテスト機会はあったが、15年の進路にはF3を選択。ヨーロッパ選手権にデビューした。1勝を挙げてランキング6位。ルーキーオブザイヤー争いでは、シャルル・ルクレールに次ぐ2位だった。国際レースの『マスターズF3』にも参加、2位でチェッカーを受ける。

     16年はチームを移籍してヨーロッパF3に継続参戦するが、飛躍とはならず、2勝でランキング3位に留まる。年末の国際レース『マカオGP』では、ポールポジションから7位に終わった。

     同11月末にはメルセデスとジュニアドライバー契約を結び、明けて17年1月にデベロップメント(開発)ドライバーとしてF1のシミュレータ作業を行なうことが正式に発表された。

     17年は前年11月の2度目テスト参加を経てGP3に転じ、フルシーズンを闘う。4勝7度の表彰台でシリーズタイトルを手にした。8月にはハンガリーの居残り合同テストに参加し、メルセデスでは初、最新型のF1ドライブを経験する。シーズン最終の2戦では、フォース・インディアからFP1の出走も果たした。

     18年はメルセデスのリザーブドライバー契約となる一方、F1直下のカテゴリーFIA-F2に進む。このF2では記録的とも言えるシーズンを送り、7勝に2位3回3位1回の計11回の表彰台でまさに選手権を制圧。シリーズチャンピオンとなる。

     8月のハンガリーでは、2年連続でメルセデスのテストを担当。フォース・インディアでは、ピレリのタイヤテストも行なった。そして10月には、メルセデスとの契約を維持したままで、翌19年にウイリアムズのレギュラードライバーとなることが発表される。

     しかしながらF1へのステップアップ1年目は、苦難のシーズンとなった。ウイリアムズが製作した19年型シャシーはまず完成が遅れて開幕前テストの初回参加を見送り、さらに2回目でも組み立て作業で午前中のセッションを棒に振る。開幕してからも競争力不足は顕著で、ほとんど他車との争いには加われない。

     そのなかでラッセルは、F1優勝経験もあるチームメイトのロバート・クビサに対し、予選で全勝。完走したレースでは2回しか順位が劣ることはなかった。実力的には高く評価される。

     だが負けた2レースのうち、第11戦のドイツでは荒れた展開とアルファロメオ勢2台にタイム加算ペナルティが下ったことで、クビサが10位1ポイントを獲得。全20名で唯一の無得点となり、ドライバーズランキングの最下位でデビュー年を終えることになった。

     なおウイリアムズとは複数年契約を結んでおり、20年も残留しつつ、いつかメルセデスのレギュラー昇格、あるいはより高い競争力を持つチームへの移籍を目指すことになる。

     2020年は新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンのスタートが遅れたが、レースが延期や中止となっている最中に行われたF1のバーチャルレースで4勝をマーク。シーズン再開後は第2戦シュタイアーマルクGPで予選Q2進出を果たすと、この年はシーズンを通して10回のQ2進出を果たすなど大きな飛躍を果たした。

     第9戦トスカーナGPでは初入賞に迫るもあと一歩届かず11位。第13戦エミリア・ロマーニャGPでは、レース終盤にセーフティカーが出動。この時ラッセルは入賞圏内の10番手を走行していたが、タイヤを温めようとしていた際にコントロールを失いバリアに突っ込んでしまった。

     ハミルトンが新型コロナウイルスに感染したため第16戦サクヒールGPを欠場することが決まり、メルセデスは代役にラッセルを抜擢した。するとラッセルは予選でバルテリ・ボッタスに続く2番手を獲得。レースではボッタスを逆転して首位を走行していたが、ピットストップの際に無線トラブルが発生し、ラッセルはボッタス用のタイヤを装着してしまった。翌周に再度ピットインしてタイヤを履き替えたが、その後リヤタイヤのパンクにも見舞われ、最終的には9位でレースを終えることになったが、ようやくF1初入賞を果たした。

     2021年は前年以上に予選Q2に進む回数を増やし、第9戦オーストリアGPでは初めてQ3進出を果たした。そのオーストリアでは惜しくも入賞を逃したが、第11戦ハンガリーGPではラティフィとともにスタート直後の多重ラッシュを回避し、揃って入賞を果たした。その後もベルギーで予選2番手から2位に入賞し、F1初表彰台も記録。第14戦イタリアGP、第15戦ロシアGPでもポイントを獲得したラッセルは、合計16ポイントでランキング15位となった。2022年はメルセデスへの移籍が決まった。

    公式URL:
    https://www.georgerussell63.com/
    Facebook:
    https://www.facebook.com/GeorgeRussell63/
    Instagram:
    https://www.instagram.com/georgerussell63/
    Twitter:

    年度別ドライバー

    ジョージ・ラッセル最新ドライバーニュース

    ジョージ・ラッセルの最新画像