レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2017.03.22 19:54
更新日: 2017.03.22 19:56

F1 Topic:優勝候補は跳ね馬とメルセデス、開幕戦の新アップデートに注目

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | F1 Topic:優勝候補は跳ね馬とメルセデス、開幕戦の新アップデートに注目

 いよいよ、3月24日に開幕するオーストラリアGP。アルバートパーク・サーキットのパドックでは、開幕戦に勝利するのはメルセデスAMGかフェラーリかで意見が分かれている。 

 フェラーリが推されている理由は、なんといっても8日間のテストのベストタイムで総合1位と2位を独占した速さだ。1回目のテストでセバスチャン・ベッテルが1分19秒952で2番手のタイムにとどまったフェラーリだが、じつは1回目の総合トップのバルテリ・ボッタスがトップタイム(1分19秒705)を記録したときに履いていたタイヤはウルトラソフトで、ベッテルの1分19秒952はソフト。つまり、ベッテルのほうがペースは上だった。

 それを裏付けるのは1回目の総合3番手のキミ・ライコネンの1分20秒872もベッテル同様にソフトタイヤで記録されたものだったのに対して、総合4番手のルイス・ハミルトンの1分20秒983がスーパーソフトだったことである。テストでのソフトとスーパーソフトの差は約コンマ4秒だったことから、すでに1回目のテストでフェラーリはメルセデスAMGよりもコンマ5秒程度速かったことになる。

 その事実が証明されたのが、2回目のテストだった。総合トップがライコネンの1分18秒634だったのに対して、総合3位のボッタスはライコネンと同じスーパーソフトで1分19秒310にとどまった。

 フェラーリとメルセデスAMGの差は、ウルトラソフトでも変わらず、総合2位のベッテルに対してハミルトンはコンマ3秒のギャップを築かれている。

コクピット前のフィンは、2回目のテストでフェラーリが投入した空力パーツ
コクピット前のフィンは、2回目のテストでフェラーリが投入した空力パーツ

 2回目のテストに入って、フェラーリとメルセデスAMGの差が広がった理由として考えられるのは、投入されたアップデートの出来だった。2回目のテストでフェラーリが投入した空力関連のアップデートは比較的少なく、外見上確認されたものではコクピット前のフィン程度だった。これはSF70Hの素性が良いことを意味している。


関連のニュース