F1 ニュース

投稿日: 2017.04.10 11:55
更新日: 2017.04.10 12:01

ピレリ「ソフトタイヤとスーパーソフトタイヤで多岐にわたる戦略がみられた」


F1 | ピレリ「ソフトタイヤとスーパーソフトタイヤで多岐にわたる戦略がみられた」

2017年4月10日
ピレリ・ジャパン

2017中国グランプリ決勝

・徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が上海での戦略に影響を及ぼす

・ポールからスタートしたルイス・ハミルトン、ソフトタイヤを主体とした2ストップ戦略で優勝

・16番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン、スーパーソフト中心の2ストップ戦略で3位を獲得

2017年4月9日、上海
 ルイス・ハミルトンが、徐々にドライとなるコンディション下で行われた中国グランプリを制しました。

 序盤のバーチャル・セーフティーカーとセーフティーカー導入が、決勝での戦略に影響を及ぼしました。スタート時にスリックタイヤを装着したドライバーは、トロ・ロッソのカルロス・サインツのみでした。

 インターミディエイトでスタートした他のドライバー達は、序盤の10周までの間にスリックタイヤへと移行し、ソフトとスーパーソフトを使用した多岐に渡る戦略が展開されました。

 フェルスタッペンは、スーパーソフトを主体としたアグレッシブな戦略を使用して、スタート時から13ポジションアップの3位を獲得しました。

 スタート時にダンプが残ったものの、その後はドライコンディションが続き、昨年よりも4秒以上速いファステストラップが記録されました。

 トリッキーなコンディション下にもかかわらず、オーストラリアグランプリで見られた以上に、2016年からのラップタイム更新が見られました。

ピレリ・カーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント:
「3日間を通じて異なるコンディションが続いたことで、各チームは限られた情報のみで決勝へ挑むことになり、変化するコンディションへの対応を余儀なくされました」

「セーフティーカー導入中のピットレーン走行も行われた中、上位勢の大半は効果的な2回のピットストップを行い、デグラデーションレベルの低さを示していました」


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング