F1 ニュース

投稿日: 2017.04.18 18:10
更新日: 2017.04.18 18:11

ピレリ「ソフトとスーパーソフトを用いた数種類の2ストップ作戦が展開された」


F1 | ピレリ「ソフトとスーパーソフトを用いた数種類の2ストップ作戦が展開された」

2017年4月18日
ピレリ・ジャパン

2017バーレーングランプリ決勝

・フェラーリのセバスチャン・ベッテル、
戦略が鍵となったバーレーングランプリを2ストップで制す

・ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが2ストップを採用

・デグラデーションが限定的な中、ソフトとスーパーソフトを用いた数種類の 2 ストップ戦略が展開された

2017年4月16日、サヒール

 グリッド2列目からスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2ストップ戦略でバーレーングランプリを制しました。ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが2ストップを採用しました。
 
 また、同じザウバーのマーカス・エリクソンのみが、ソフトタイヤでスタートを切りました。夜間の温かいコンディションの下、両コンパウンドのデグラデーションは限定的なものとなり、ドライバーたちは全てのスティントにおいてハードにプッシュすることができました。

ピレリカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント
「序盤のセーフティーカーが影響を及ぼした決勝は、戦略が鍵となりました。2ストップが主流のレースでしたが、スーパーソフトとソフトの使用順に関していくつかのバリエーションが見られました。」

「前日よりも涼しくなったコンディションによって、スーパーソフトのデグラデーションレベルは低くなり、ソフトは良好な一貫性を示していました」


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング