F1 ニュース

投稿日: 2016.04.23 13:46
更新日: 2016.04.23 15:26

ウイリアムズ「保守的なレースになるのは、ライバルに戦略ツールで遅れている影響」


F1 | ウイリアムズ「保守的なレースになるのは、ライバルに戦略ツールで遅れている影響」

 ウイリアムズはレース中の戦略ツールの点で他のライバルに遅れを取っていると、テクニカル・ディレクターのパット・シモンズが話している。

 新たなタイヤ規定の導入とコンパウンドの選択肢が増えたことは、2016年シーズンのレースに大きな影響を与えている。シモンズはウイリアムズはいまだ立て直し中のチームであり、戦略を最大限に活用するだけのリソースを持たない状態であると言う。
「我々は立て直しの途中にあって、戦略を活用するために以前使っていたツールのすべてを持っているわけではない。2年少々やってきて、これは少し不思議な話に聞こえるかもしれないが、事実だ。何もないところに築きあげていくには時間がかかるものだし、不運なことに出だしでの失敗もあったので、そういった部分で少し遅れを取っている。レース前は問題ないのだが、ライバルたちが使っているレース中の戦略ツールでは、追いつけていない」

 結果としてウイリアムズは保守的になっているが、独立系チームとしてはコンストラクターズ・ランキング上でのポジションを最も重視するべきだとシモンズは付け加えた。
「たしかに我々は少し保守的になっている。正しい言い方かどうかは分からないけれど、我々のリスクバランスは他とは違っているだろう。失うものがとても少なく、リスクを取るべきだという状況もある。両極端な状況の中でどちらにいるかが分かっていれば、そういったリスクに掛けることもできる」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング