F1 ニュース

投稿日: 2016.02.08 20:37
更新日: 2016.03.09 20:42

激戦マノーのシート争いにロッシが自信示す


F1 | 激戦マノーのシート争いにロッシが自信示す

アレクサンダー・ロッシは、2016年にF1で走るための交渉を今も日々行っていると明かし、状況はいいと語った。ロッシは昨年所属したマノーとの契約を目指していると考えられている。

アメリカ出身24歳のロッシは、2015年、GP2シリーズでランキング2位を獲得、シンガポールGPでマノー・マルシャF1チームからグランプリデビューを果たし、合計5戦に出場した。

今季レースドライバーが決定していないF1チームはマノーのみ。ロッシはその2席の候補のひとりであると考えられている。

「毎日話し合いをしている。デッドラインは2週間後、バルセロナでマシンが走り出す時だと思う」とロッシはSky Sports Newsに対してコメントした。F1プレシーズンテストは2月22日にスタートする。

「F1の世界では物事が目まぐるしく展開する場合がある。僕はそれに慣れているけれど、この状態が長く続かないことを願っている。前向きな状況だと思う。近いうちにいい結果が出せればいいね」

マノーは2015年コンストラクターズ選手権最下位の10位だったが、今年はメルセデスのパワーユニットを搭載することもあり、多数のドライバー候補が集まっている。今季レギュラーは、2015年DTMチャンピオンでメルセデスF1チームのリザーブドライバーも務めたパスカル・ウェーレイン、インドネシア政府が支援するリオ・ハリアント、昨年レースドライバーを務めたウィル・スティーブンス、ロベルト・メリ、そしてロッシの中から選ばれるものと推測されている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています